オオヤマナホの感動表現|ブラックミストで映画の質感を撮影した瞬間から楽しもう

みなさまこんにちは。オオヤマナホです。


まずは告知から!

PHOTONEXT(パシフィコ横浜開催)登壇が決定いたしました。6月6日(水)12時よりセミナールームにて「人物写真を撮影時にコントロール!ソフトフィルターの効果的な使い方」についてお話しいたします。ぜひ起こしくださいね♪お待ちしております。


さてさて。今回は前回に引き続き清水麻里さんに迫ります。

またまた使用フィルターは「ブラックミスト」であります

(( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)( ̄▽ ̄)「だって好きなんだもん♪」)


前回今回の撮影は駒沢公園でした。

夕景の桜ポートレートを撮影するつもりで、花見客が帰る

辺りを狙ったのですが、みんな帰ってくれないの・・・

っていうか。

日が暮れていくにつれて・・・増えてないか?!

(しまった(;^ω^)夜桜というのを忘れてたよ・・・)

・・・というロケーションデータ。


からの、

①  人がいなくて

②  夕陽が綺麗に回る

③  お花を背景に、ポイントに使いたい

というところで前回の桜シーンの前にブーゲンビリア風な濃いピンクのお花周辺をセレクトいたしました。


セクシーでかわいい麻里さん・・・

長い髪の毛が光に反射しつつ溶け込む感じ。指先。スタイルの透け感を「もの想う」「恋する」そんな感情イメージと絡めつつ撮っていこうとおもいました。

フィルターはいつも全種類持っていくのですが

今回はフォギーとブラックミストに絞りました。

花の影や夕景の陰りという暗部を活かすのは

・・・「やっぱブラックミストでしょ♪(ΦωΦ)フフフ

・・・「しっとり撮りたかったらブラックミストでしょ♪」

・・・またブラックミストなのぉ?とか言わずに前回の桜ポートレートと合わせてみていってくださいね。時間的にはこちらのほうが光が強く・明るい時間帯。光でどれだけブラックミストのソフト効果が変わっていくか注目です!



ではでは今回の作例を見て参りましょう。

まずはフィルターなしの作例です。


焦点距離:35mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100


まずはこのフィルターなしの画像を基本にしましょう。

普段みなさんが撮っていらっしゃるのはこんな感じだとおもいます。

光は麻里さんの左サイド(斜め上)55分の辺りからの逆光です。



続いてほぼ同じ角度からの光のブラックミストをみてみましょう。


①  ②の「なし」の画像と ③④「ブラックミスト」明らかに違いが

じられると思います。

全体の質感が柔らかく感じられること。

色の階調コントラストが抑えられていること

暗部がつぶれず柔らかく感じられる

というところでしょうか。

そうはいっても、なんだか白っぽくなりすぎ感もあるかもしれないのは

やはり光量なのでしょう。ここはCP+でも白っぽくなりすぎるとご質問のあったところです。

これは撮影位置や被写体の立ち位置を試行錯誤しながらベストなポジションを探る・・と

なるのだとおもうのですが、あとからレタッチで探るとするならば。。。

カスミの除去をすこし加えてみるのも手かなと思います。

④  の画像にかすみの除去を加えてみたのが次の画像です。


幾分白っぽさは取れた感じしますね。

ただこれ、やりすぎるとせっかくのソフト感がなくなると同時に加工しすぎな

嫌な感じが強くでてしまうので、「ほどほどちょっと」の微妙なレタッチがおすすめです。

あとはやはり、撮影時の光選びですね。一歩前後左右にずれるだけでもかなり変わりますから!

「あ~~~!来たコレ~~~!」っていうポジションがあるのでそれを体感するまで撮影を重ねてみましょう。

とはいえ、私自身も鉄人というからには言葉でご説明できるようNDフィルターとの重ね付け等々、

光コントロール研究中です。みなさまもNDお持ちでしたらいろいろお試しくださいね。

なんでもいろいろ試す楽しさもソフトフィルターの面白さの一つだと思います。



あ!

わたし④⑤の画像の鼻から口元にかかる前髪の「ふわっと感」めちゃすきやわ~(´艸`*)

「ブラックミスト~♪NO.1♪」





次にさらに逆光よりになったときをみてみると・・・

焦点距離:35mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100


これはかなりふわふわ。フォギーとどうちがうのか気になるところなので

次回、フォギーバージョンへつなぎます!!( ̄▽ ̄)また来週見てね。


焦点距離:35mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:100

⑨  ⑧にカスミの除去を加えたもの

⑧  は真逆光の直射。かなり白っぽいですね。

これはこれで一つの効果なので、自分の撮りたいイメージ(シルエットとか)にあえば◎ 

⑨は⑧をトリミングをしてカスミの除去を加えています。




次からは真逆光は避けつつ、影の部分(暗部)を意識しながらの作例です。


焦点距離:35mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/640秒 ISO感度:100

これはノートリミングノーレタッチ。35ミリでかなりの接写。

明暗とかやわらかさとか、これはブラックミストの良さが出てきてると思います。

やっぱりブラックミストは明るいだけじゃなく陰りがあるときに画像が生きてくるなと。。。


⑫  ⑪にカスミの除去を加えたもの

​​​​​​​

焦点距離:35mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

焦点距離:35mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100


この⑬⑭の風合いはわたし的にはとても好きです。

ノーレタッチで撮っただけで映画チック・フィルム風に仕上がってるって、

ブラックミストめちゃ凄いと思う。

だんだん陽の光も陰ってきたこと、麻里さんが花の手前に立つことで

あたる光量が直射でなくなったことで白っぽさが抑えられていると感じます。


いろんなフィルターをたくさん試してみるもよし。これだと思うフィルターをとことん使い倒して

「この時こそ、このフィルターの出番!」「よし!ここ!」というポイントを探るのも

フィルターを使う楽しさ。撮る楽しさにつながってくるのだとまたまた今回も感じました!



フィルターっておもしろい!

ぜひぜひお試しくださいね♪

オオヤマナホでしたぁ~

オオヤマナホ

オオヤマナホ

日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター NAHONEIGE(アトリエ ナホネージュ)主宰(nahoneige.com) 「愛ある」をテーマに家族写真・女性男性ポートレート撮影活動中 ナチュラルで動きのある生き生きとした表情の撮影を得意とする。 Instagram:at.nahoneige/nahoneige twitter:nahoneige Facebook:オオヤマナホ

ブラックミストNo.1


スポーツシーンでブラックミスト使ってみたら大ファンになったというCP+のお客様もいらっしゃいます。あなたならではのブラックミストの世界がきっとあるはずです。簡単にポートレートの世界観を広げ深めることのできるブラックミストはやっぱりNO.! オオヤマナホおすすめポートレートフィルターです。