酒井宏和の感動表現|第8回目はcokinのNUANCES NDフィルターをご紹介します。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。
第8回目はcokinのNUANCES NDフィルターをご紹介します。

NDフィルターも角型フィルターも販売されています。
光の量を制限してシャッタースピードを遅くするフィルターです。
ND4、ND8、ND16と、数字が大きくなるほど色が濃くなって行きます。
数字が2倍になると濃さが2倍になり、通る光の量が半分になります。

個人的には、NUANCES ND8、ND32、ND1024の3枚をいつも持ち歩いています。

NDフィルターには、種類や使い方がいろいろあるので、数回に分けてご説明して行きます。



角型フィルターはフィルターを差し込むだけなので、丸型のようにねじ込む必要がなく交換が簡単です。
設定はそのままで、NDフィルターを差し替えて、シャッタースピードを調整してみました。

最初になにを買ったら良いのか?
というのをよく聞かれるのですが、最初はND8がオススメかと思います。

ND8の場合は、上記の写真のように暗い渓流等で水の流れをコントロールするときに使います。
が、明るいと物足りな場合があるので、ND32と2枚購入しておくといろいろ対応できる幅が広がります。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

NUANCES ND 8


cokin NUANCES ND8 シャッタースピードをコントロールして渓流の滝を絹糸のように撮影

この内容で送信します。よろしいですか?