國政寛の感動表現|次々に咲く春の花たちを、マクロレンズで爽やかに切り取ろう!

『想い』

~まっすぐに
 あふれだす~

桜の季節が過ぎ去ると、いよいよ春の花が次々と咲き始めます。
慌ただしい桜の撮影が終わってほっと一息、気が抜けてしまうかもしれませんが、のんびりしている暇はないですよ!

早春の花の代表格といえばカタクリ。
植物園でも群生が見られる場所がありますね。
「スプリング・エフェメラル(春の妖精)」と呼ばれる可憐な姿はぜひ押さえておきたいところです。

子供のころ、春の花と言えばチューリップでした。
色も形も様々な種類が数多くありますので、絵になる花ですね。
群生を撮るもよし、一輪にだけスポットを当てるもよし、いろいろ工夫して撮ってみましょう。
雨上がりだったら、こんな滴をぶら下げた姿が見られるかもしれませんよ。

小さな青い花が印象的なネモフィラ。
ここでは咲き始めの花を主役とし、手前にある咲いた花を前ボケに配置しました。
よく見ると、ボケた花の中心部分がハートのようにも見えますよね!

ポピーも春に忘れてはならない花のひとつ。
鮮やかな色合いやヒゲを生やした茎、特徴的な花芯など、撮りどころ満載です。
群生に咲く一輪を選び、周囲の花を前ボケにして主役を目立たせました。

チューリップやポピーが終わる頃、藤の花が見頃を迎えます。
横から撮ると平凡になってしまうので、下から仰ぎ見るような形で撮影しました。

その特徴的な模様が目を引くシャガ。
アップで一部分だけを切り取っても、すぐに「シャガだ!」とわかる個性的な花です。
ここでは木陰に咲いていた一輪を、木漏れ日の円ボケで包み込んでみました。

ハナビシソウは、鮮やかなオレンジの花びらが目を引きます。
特徴的な花のラインとガクに焦点を当てて、背景のオレンジ色のボケで強調してみました。

​​​​​​​

この季節にもう一つ撮っておきたいもの。それは新緑です。
緑いっぱいの中に身を置くと、清々しい気持ちになります。
新緑写真は、そんな春らしい爽やかなイメージを表現したいですね。

春の花と新緑の匂いに満ち溢れる季節。
どんどんフィールドに出て、そんな春らしい風景を探しに行きましょう!

國政寛(くにまさひろし)

國政寛(くにまさひろし)

1971年生まれ。大阪府在住。 マクロレンズを自在に操り、 光とボケが織りなす幻想的で不思議な世界を描き出すマクログラファー。 刻々と変化していく花たちの表情や、虫たちのコミカルな姿に 心ときめかせ、癒されながらその一瞬の表情を切り取っています。 「クニさんの花マクロ写真塾」主宰 日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター サイト:Kuniphoto Works( http://kuni-hiro.com/ )

AT-X M100 PRO D


等倍まで撮影可能なマクロレンズTOKINA AT-X M100 PRO Dで、肉眼では見ることのできない不思議で幻想的なマクロの世界が体感できます!

この内容で送信します。よろしいですか?