酒井宏和の感動表現|cokin P111 近いところと遠いところを一緒に写せるフィルター

cokin P111 近いところと遠いところを一緒に写せるフィルター

 

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第3回目は、cokinのP111をご紹介します。

前回に続き、普段ではあんまり見ない特殊なフィルターです。

 

 

半分だけ湾曲したレンズがついています。

半分は何もついていないで開いています。

見た目からしても、ただ者ではない感じ

 

 

フィルターありとなしで撮影して見ました。

効果わかりますでしょうか?

ぱっと見は絞りを絞ったの?

という感じになりますが、絞りは変えていません、フィルターによってピントのいちが変化します。

右下のアスファルトここは両方ボケています。絞ったら、ここもピントあいますよね。

全部にピントがうのではなく、距離感に一定のルールがあります。

ちょっと使いこなすまでに慣れが必要かも。

 

 

で、実際どうやって使った良いのか?

絞り込んでピントを合わせるのは王道ですが、

このフィルターは遊んでしまった方が良いかなと。

フィルターの真ん中のところは、モヤモヤします。

ので、

それをわざと使って、ふわふわな感じに仕上げて見ました。

スナップ写真とか、子供撮影とか、みんなで、楽しみながら使うのがオススメです。

 

結構、特殊なフィルターなので、皆様でも色々クリエイティブな使い方してください。

 

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin P111


近くと遠くが一緒に写せる謎のフィルター

この内容で送信します。よろしいですか?