伊藤宏美の感動表現|銚子電鉄~お化け電車に乗ってきた~

千葉県の最東端近くを走る銚子電気鉄道に行ってきました。

この日は、ゆっくり出発し、おなかいっぱい美味しいものを食べて、

終着駅の外川駅へ。

①F8  SS1/80  ISO640  17mm


とても綺麗な夕方でした。

窓に映った夕景と、空にはお月様がのぼっていました。


②F8  SS1/80  ISO640  14mm

このレンズは、歪みが少ないので、列車や駅舎の直線も美しく表現できる。

さらに、カラーバランスに優れているレンズなので、夕暮れの空に赤みが差したグラデーションも美しい。、



だんだん綺麗に色が変わっていく中で、夢中になって時間を忘れそうになりましたが、

この日は”お化け電車”に乗車予定だったので、犬吠駅へ向かいました。


銚子電鉄では、夏になると、お化け電車を走らせてくれます。


2年ほど前にたまたま、”お化け”が乗った電車が通過するのを見かけて、知ったのですが、

それから、乗りたくて乗りたくて楽しみにしていました。


切符を購入すると、お化け電車に乗車できるだけでなく、おまけがついてきます。

たい焼きがもらえて、手焼きのお煎餅を焼いて食べられて、犬吠駅でお化け屋敷に入れるのです。


もともと、お化け屋敷は、好んで入らないので、高校生ぶりです。

後から思い返せば、おかしくて笑えるのですが、おまけとは思えないほど、楽しみました(怖かった!!)


お化け屋敷の後は、いよいよ、お化け電車です。

運転士さんは、お化け。

③F5  SS1/80  ISO3200  14mm


お化け電車は、外川駅から仲ノ町駅まで行き、折り返してくるのですが、

その間、車内では、怖い話を聞き、お化けが車内をうろうろします。

怖いし、びっくりするので、怖い話はほとんど耳に入りません。


でも。。。

お化け電車が真っ暗な中、交換駅ですれ違う電車の明かりや、町の灯りが差し込む時は

とても綺麗でした。

なかなか出来ない体験だとも思います。


④F4  SS1/60  ISO8000  12mm


外川駅に着くと、お化けの呪いが解けて、

お化けと記念写真が撮れます。


⑤F4.5  SS1/125  ISO6400  13mm


なんと!!

後ろには、お化けの車掌さんが乗車してました。


⑥F4.5  SS1/60  ISO6400  20mm


驚いたり、怖かったり、美味しかった銚子電鉄。

念願叶って乗れたお化け電車のせいで、夜は興奮が冷めずなかなか眠れませんでした。


このお化け電車は、地元の方々も協力して、盛り上げてくれているようです。

お化け屋敷も、お化け電車も、細かいところまで、1つ1つが凝っていて凄い。

銚子電鉄は、地元の方に愛されている鉄道なんだなあと感じました。

ぜひ、来年もお化け電車が走ってくれたら、また乗車したいと思います。


AT-X12-28 PRO DXは広角が12mmまであるので、車内やホームなど、限られた空間での撮影に重宝しました。

解像力が高いのでお化けの表情をしっかりとらえることができ、

シャープな描写なので、列車の輪郭や床のタイルの質感までしっかり表現できています。



伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

AT-X 12-28 PRO DX


AT-X12-28PRO DXは、12ミリの広角は車内やホームなど限られたスペースでの撮影にはとても便利です。
広角ズームレンズでありながらゆがみが少なく、画面の端までシャープな描写なので、安心して画面全域で絵作りできます