伊藤宏美の感動表現|3月31日三江線運行最終日ラストラン

3月31日三江線が運行最終日を迎えました。

式典が開かれ、多くの人が訪れました。

私も、思い出がたくさん詰まった三江線。

前日の最終便の飛行機で向かいました。

この時期には桜は見られないと思っていたのですが、この日は合わせたかのように桜も満開。


レールバスのころから三江線を利用していたおじいさんは

「こんなに人が集まったのに、本当に廃線にするのか。。。これで本当にさようならだ。」

と隣でつぶやきました。


私は、最終列車を、上下共に、宇都井駅で見届けることにしました。

山と山の間にあるこの駅は、高い位置にホームがあり、トンネルから出てきてトンネルに入っていきます。

最終列車は、たくさんの人が待つ中、少し遅れてトンネルから、やってきました。

そして、長い汽笛を鳴らし、静かにトンネルに去っていきました。

静かな見届けでした。


​​​​​​​◎使用レンズ:AT-X 107 DX Fisheye
焦点距離:8mm 絞り:F/8 シャッタースピード:11秒 ISO感度:100

花火が上がると聞いていたので、花火の上がる高さがどのくらいか分からないのと、

撮影場所が前方だったため、全景が入るように魚眼レンズAT-X 107 DX Fisheyeを使用しました。


対角線魚眼の歪曲収差によって地面のイルミネーションが印象的なカーブを描く絵作りができました。

魚眼レンズにおいても、解像度の良さは顕在で、右端に映るトンネルや周りの木々まで描写が綺麗です。

F8の絞込みでも、光芒が美しくでてくれました。


撮影してみると、花火が低い位置で上がったので、今度はレンズを変えて

AT-X 14-20 F2 PRO DXで撮影しました。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:18mm 絞り:F/8 シャッタースピード:18秒 ISO感度:100

AT-X 14-20 F2 PRO DXの描写力はトキナーの広角ズームレンズの中でも群を抜いています。

駅舎の質感や列車のシャープネス、夜に浮かぶ花火の抜け感などは、本当に単眼レンズに引けをとりません。


私にとって、廃線の日に目の前で列車を見送ったのははじめての事です。

宇都井駅の最後は、思った以上に静かでした。

列車が見えなくなって、しばらくしてから、「ありがとう」という言葉と拍手がおこりました。

脳裏にしっかり焼きついています。


翌日は静かになった駅を見にまわる予定でしたが、

なんとなく、見に行く気持ちになれず、三江線をあとにしました。

なので、まだ、走っているようなそんな気持ちがします。



翌日はそのまま山口線に足を延ばしました。

何も予定を決めずに出遅れて出発したので、撮影場所にはすでに人がたくさんいました。


でも、桜の木の下にはあまり人がいなかったので、そこに場所を決め、

広角レンズを使うことにしました。


この日はD51が具合が悪くお休みしていましたが、

桜満開の木のしたで、春いっぱいの撮影ができました。



◎AT-X 12-28 PRO DX
​​​​​​​焦点距離:15mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:640

AT-X 12-28 PRO DX は、細かな桜の一輪一輪まで見事に描写してくれました。

桜のやさしいピンクから、青空までとてもバランスの良い発色もこのレンズの魅力です。

伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

Tokina AT-X 107 DX Fisheye


AT-X 107DX Fisheyeは、引きがとれ無い場所で、広い範囲を写しこみたい時にとても助かる1本です。
小さくて軽いコンパクトなタイプなので、いつも持ち歩いていると重宝します。

この内容で送信します。よろしいですか?