馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm F2 FE AFで撮る東北への旅、その3。

◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:800


前回・前々回お伝えした通り、ねぶた/ねぷた祭りは8月の第一週に開催されるため、休暇が取りやすいお盆休みとははまらず、なかなか行く機会を作るのが難しいのだが、お盆休みの間にも各所で小さなお祭りが開かれるので、うまくすれば見ることができる。今回も平川市で行われていた祭りを中心に、青森県の観光地をFiRIN 20mm FE F2 AFで切り取ってみました。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:100

青森県、鰺ヶ沢にて。名物のいか焼き用に干しているいかをネット越しに。撮影後、すぐに調理の方に持って行かれてしまった。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/2000秒 ISO感度:100

早速焼きたてのいか焼きを購入、写真を撮ろうとしたら待ちきれずに伸びてきた娘の手が。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:30mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100

この場所を有名にした犬、わさおとそのファミリー。話題になったのはずいぶん前のようだがこの犬を目当てに訪れる観光客がこの日もたくさん訪れ、シャッターを切っていた。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:100

海辺の公園に架かる「なぎさ・ブリッジ」。夕方だったこともあるけど、8月の青森の海は既に秋の雰囲気が漂っていた。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:3200

平川市でねぷたが見られるというのを聞き、急いで鰺ヶ沢から移動している途中に見えてきた夕景の岩木山。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:3200

平川市で行われていた「平川あどの祭り」のねぷたをハイアングルで。8月頭に平川でもねぷた祭りは開催されるが、お盆シーズンにも帰省した人にもねぷたが見られるように、と開催された祭りとのこと。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:400


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:2000


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1250

平川駅近くのメインストリートを通行止めにして、沿道に座って鑑賞するため、間近でローアングルでねぷたが楽しめる。3枚目は日本最大のねぷたらしい。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:3200

祭り終了後のねぷたは、トラクターで運ばれていく。というのを今回初めて知る。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1250

青森での最終日、黒石市の中町こみせ通りにて。この日は雨が降っていたが、アーケードのように屋根があるため、濡れずに散策することができる。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:400

かつて地元の人々に愛された銭湯を再生して作られた「松の湯交流館」。松の木と一体になった建物がインパクトがある歴史的な建物だ。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:500


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1600

◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:500

中はキレイに改装され、カフェやイベントスペースになっているが、随所に銭湯らしいものが残されている。LANケーブルが昔の蛇口から出ているのが可愛いらしい。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:400

上から吊された金魚ねぶた。本来は灯籠として使われていたものらしいが、これも青森らしさを演出してくれるものの一つ。(青森に来るまで存在は知らなかったが。。)


お盆の時に妻の実家に行くと、近くの街にばかり訪れることが多かったが、今回は東京から車を持ってきたこともあり、いつもより行動範囲が広がり、観光気分で青森の写真を撮ることが楽しめた。ちなみに青森を夕方16時頃出発して東京に向かったが、Uターンラッシュに巻き込まれて結局自宅に着いたのは翌日の午前2時。それぐらい青森は遠いのだけれど、また車で来たいなぁと思った今回の旅でした。ではまた次回。


◎SONY α7RIII(ILCE-7RM3)+FiRIN 20mm F2 FE AF
焦点距離:20mm 絞り:F/2.0 シャッタースピード:10秒 ISO感度:3200

妻実家の庭からFiRIN 20mmで初めて星空を撮ってみたが難しい。またいつか再チャレンジしたい。。


馬場 亮太(ばばりょうた)

馬場 亮太(ばばりょうた)

1973年東京都中野区生まれ、中野区在住。 デジタルコンテンツ制作会社にて企画・デザイン、ブライダルフォトスタジオでのカメラマンなどを経て、広告制作会社でのプロデュース、企画、アートディレクション、撮影等を経験後、2013年よりフォトグラファーとして独立。主に広告/カタログ/イベント/取材などのスチール撮影、アーティストのスチール/PV撮影、広告/Web/社内研修用映像等のプロデュース/ディレクションで活動中。主な使用機材はソニーα9/α7RIII/α6500。 Sony Imaging PRO SUPPORT所属。

FíRIN 20mm F2 FE AF


定評のあるFiRIN 20mm F2 FE MFの設計思想を受け継ぎ、オートフォーカスに完全対応されたソニーEマウント(フルサイズ)用広角単焦点レンズ。AF対応・大口径F2.0でありながら、高解像とコンパクト性を両立させ、距離情報の連動によるボディ内手ブレ補正にも対応し、日常を切り取るスナップから旅行、風景撮影、ポートレート撮影まであらゆるシーンで使いやすい性能を実現しています。同梱の花形フード(BH-623)以外に、別売の角型フード(FiRIN 20mm MFに同梱・BH-622)にも対応、用途によって使い分けることが可能です。

FíRIN 20mm F2 FE MF


ケンコー・トキナー初のソニーフルサイズEマウント(FE)対応レンズ。大口径F2.0の素直なボケと、広角20mmの歪みのない自然なパース感、レンズ周辺までしっかり解像される描写など、日常を切り取るスナップから風景撮影まで様々なシーンで活躍できる広角単焦点レンズです。電子接点付きで、MFアシスト(ピント拡大表示)や距離連動(手ブレ補正対応)、絞り値の表示など、ソニーα(Eマウントシリーズ)での使用に特化されているため、マニュアルフォーカスが苦手な方でも気軽に楽しめます。