オオヤマナホの感動表現|グッとくる「情感表現」といったらブラックミストがNO.1でしょ!

みなさまこんにちは♪オオヤマナホです。


今回はブラックミストについて語らせてください!
ソフトフィルターポートレート界の隠れた大御所的存在の「ブラックミストNO.1」なのですが
どこがどう隠れた王者なのかといえば・・・
例えばフォギーB。
これ、めちゃ存在感ある。
ソフトフィルター使ってます感が前面に全面に出ている押し出し強いフィルターです。
見ればすぐ感じることができるのがフォギーBだったりします。
ちなみに私はフォギーB大好き。
ブラックミストの次に好きだったりします。

じゃあブラックミスト!
フィルターのつくりの話。
フォギーは白いミストをかけたような設計であるのに対してブラックミストにはどうやら
黒いミストがかかっているんですね。その黒のミスト効果が写真にプラスされると・・・
「映画のような」「情感あふれる」「グッとくる」「フィルム写真のような」「シャビー感」「アンニュイ感」という
惹きこまれるような不思議な魅力となって写真に醸し出されてくるからあら不思議。それがブラックミストならではの
魅力だといえます。髪の毛とか輪郭のにじみはないです。

わたしが初めてブラックミストを使ったときの印象としては
あれこれ細かなレタッチをしなくても作品として成り立つ仕上げに「撮っただけで」なっているじゃないか!
という驚きでした。早い話が・・・
「レタッチいらなくね?」(´∀`*)ウフフみたいにびっくり。それだけのニュアンスをブラックミストつけて撮るだけで
表現できるんです!

(あ。「写ルンです」じゃなくて「表現できルンです」だ・・・(´艸`*)



というところで。
今回は魔女さん(Twitter:@Witch_Toydoll)にモデルさんにお願いをしました。
自然光の入る明るい室内の中で光を意識した場面と影を意識した場面2パターンをみていきましょう。
今回は光が強かったのであとからハイライトは下げて調整しています。


まずはフィルター無しのカット2枚。
寄りと引きです。


焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/2000  ISO感度:400





焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/2500  ISO感度:400



ごめん。
この2枚に関しては「フィルター無しを撮っとかなきゃな」っていう義務感(;’∀’)
だから、光と影はあまり意識していないです。
感情・気持ちがこもっていないとこうなる的なショット(かもしれない)



じゃあ次。
ブラックミスト使ってみようとなった瞬間に気持ちのスイッチがはいるわけですよ。
「魔女さんをセクシーに撮りたい」
「魔女さんを光に溶け込むように撮りたい」
「魔女さんの大人の女性の吐息みたいなのを撮りたい」
そんな風にイメージを伝えながら撮っていきます。

ブラックミスト使うぞスイッチはいるだけで
どんだけやる気かわるんだよ。そんな感じ。





ブラックミスト

③ 

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/5000  ISO感度:400



ブラックミスト

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/5000  ISO感度:400




ブラックミスト

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/5000  ISO感度:400




ブラックミスト

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/5000  ISO感度:400




光の中でシリーズは③~⑤まで。
光は左サイドから。生なりのカーテンの折り目の質感をだしたかったのと頬の光のテカりは
ハイライトをコントロールで落ち着かせました。
(あとから)

やわらかいでしょ?
パキッとしていないからこその気だるさみたいなのを出したいわたしの気持ちを
うまくブラックミストくんは汲んでくれる。
撮ったその場で「お~♪」とテンション高くなれるのにもブラックミストは貢献してくれます。

(PCやタブレットあれば、撮ったその場でモデルさんと共有・共感できるのでおススメです!)



次は影を生かしたい。
けだるさに妖しさも加えたいそんなイメージで撮りました。




これはフィルター無し。

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/8000  ISO感度:400



これもフィルター無し

⑧ 

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/8000  ISO感度:400



このショット私好きなんですよね。
でもこれだったらもっとコントラストあげて、トーンカーブもいじってつよーくしたい。
このイメージにはソフトフィルターは無しのほうが向いています。



こんどはブラックミスト

⑨ 

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/4000  ISO感度:400





ブラックミスト

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/5000  ISO感度:400





ブラックミスト

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/6400  ISO感度:400




ブラックミスト

焦点距離:35mm  絞り:F/2.2 シャッタースピード:1/8000 ISO感度:400




暗い影を意識した作風でもブラックミスト使えますね。
黒をドスンと真っ黒には落とさないでやさしく持ち上げる感じとでもいったらどうでしょう。
⑩⑪あたりをぜひ拡大して質感チェックをしてみてくださいね。

ブラックミストについては過去の記事もご参考に。




今回は室内・サイド光だったので「白っぽさ」は気にはならなかったのですが、
逆光や被写体との立ち位置の関係からの光の照射角度で「白っぽさ」を感じる場合も
あります。
立ち位置を変えながらベストポジションを狙ってみてください。


あまり自分の手の内は教えたくないそんな「隠しアイテム」がブラックミストNO.1
光と影をうまく操りながらあなたならではのグッとくる「情感表現」をブラックミストで
加えてみてください。
男性ポートレートにもブラックミスト合いますよ。




オオヤマナホでした~(人’’▽`)
インスタ・ツイッターもフォローよろしくお願いします~。(@nahoneige)

オオヤマナホ

オオヤマナホ

日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター NAHONEIGE(アトリエ ナホネージュ)主宰(nahoneige.com) 「愛ある」をテーマに家族写真・女性男性ポートレート撮影活動中 ナチュラルで動きのある生き生きとした表情の撮影を得意とする。 Instagram:at.nahoneige/nahoneige twitter:nahoneige Facebook:オオヤマナホ

ブラックミストNo.1


ブラックミストを上手に使えるようになれば、光と影はあなたの味方です。
ますますポートレートの情感表現。グッとくるその瞬間をバシバシ撮りまくってください。
ブラックミスト難しいという人はいても嫌いという人がいないのが良さの秘訣かも。