オオヤマナホの感動表現|あ~!めちゃかわいい!フォギーAのライティングで使ってみた!

みなさまこんにちは♪オオヤマナホです。
前回書いた・・・鈴虫なんですけどね。ショックなことがありました。
先日エサを変えようとして数を数えてみたら・・・
Σ(゚д゚lll)ガーン
15匹いたのが6匹に・・・。(食べられてしまったのかな)。。。




・・・ということで本題に。
今回はアトリエでストロボを使った撮影をしてみました。いままで掲載してきた作例はほぼ自然光だったのでしたが今後は光の種類にもこだわりを入れながらソフトフィルターポートレートを創っていってみようと思っています。


今回はソフトフィルターの王道フォギーAを使った作例です。
使用レンズは35㎜単焦点。



まずはフィルター無しからみてみましょう。

焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード1/160 ISO感度:400




今回は向かって左からのストロボ光をメイン光にしています。
ストロボ光のあてかた詳細はコチラのブログでは割愛しますが
左からのライトがキャッチライトで入っていますね。
全体的には暗め。私は個人的にはこのぐらいのアンダーな感じの光の陰影好きなんですが
もう少し全体的に明るく露出補正をしてみましょう。
今のこの画像で光の強弱を見ておいてください。この露出の明暗がフォギーAを
使ったときにどう反映されるでしょうか。


露出を明るめに補正


うんうん。かわいい!
明るさのバランスはこれぐらいでいきましょう!


続けてフォギーAをみてみましょう。



焦点距離:35mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード1/160 ISO感度:400




全体的に露出を明るくしたことでフォギーAのふんわり感がでていますね。
ニットの色が茶色ですがモフモフの毛が柔らかさをひきたてています。
ライティングをしていることで、顔の表情のメリハリもしっかりでているように
おもいます。顔や指先の肌の質感もナチュラルに柔らかくて生々しさが消えています。
肌の質感をやわらげるのはソフトフィルターの持ち味。


光と仲良しのフォギーだから!
おもいっきり白飛びギリギリぐらいまで露出をさらにあげてみるとどうなるかみてみましょう。



白っぽくなりすぎるかなと思いきやそんなこともなくめちゃふわふわ度あがって
かわいさもりもりアップ中(ΦωΦ)フフフ…
やっぱりフォギーはこの柔らか表現が命ですね。
露出は明るいほうが効果が引き立つのは間違いない。
最初のフィルターなしの作例に戻って見比べてみてください。
違いがよく判ると思います。




最終的にわたしが好きだな~と思ったのは
この作例になりました。露出明るくしてめちゃふわふわもイイのですが
そこは若干抑え目が私流。
ただ、35㎜+フォギーA+ライティング(露出をあげすぎない)だと
フォギー効果もう少し強くでてもいいかもしれないなとも撮影しながら
感じました。
ここはフォギーBを使ってみるか
35㎜よりも焦点距離の長いレンズをつかってみるのがよいですね。


光の強さと焦点距離。
ココを意識しながら作画意図にあったフィルターをまずはセレクトで
参りましょう。





「いやぁ。ソフトフィルターって奥が深い!めーっちゃたのしい!」

オオヤマナホでした!
今週もありがとうございました(人’’▽`)

オオヤマナホ

オオヤマナホ

日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター NAHONEIGE(アトリエ ナホネージュ)主宰(nahoneige.com) 「愛ある」をテーマに家族写真・女性男性ポートレート撮影活動中 ナチュラルで動きのある生き生きとした表情の撮影を得意とする。 Instagram:at.nahoneige/nahoneige twitter:nahoneige Facebook:オオヤマナホ

オオヤマナホの感動表現|グッとくる「情感表現」といったらブラックミストがNO.1でしょ!

2018-10-17 13:00

柔らかなソフトフィルターポートレートの注目フィルター「ブラックミスト」について語ります。 撮っただけであなたならではのグッとくる「情感表現」が可能になるとしたら・・・なにそれって 興味でませんか?アノ人もコノ人も実はひそかに使っていたというマル秘アイテムブラックミスト。 その「映画チックな」表現の世界みてみてください。

國政寛の感動表現|滴にお花たちを閉じ込めて、マクロならではの世界を撮ろう!

2018-10-17 13:00

意外にも秋は雨が多い季節。雨上がりに花や茎についた真ん丸い滴をよく見ると、背景にある花たちが写り込んでいます。こんな風景を見つけ出すもの滴撮影の楽しさ。ぜひ挑戦してみてください!

伊藤宏美の感動表現|夏の終わりの小湊鉄道

2018-10-17 13:00

里山を走るトロッコ列車をAT-X12-28で撮影しました。

齋藤千歳の感動表現|自分の機材がパフォーマンスを発揮する設定を把握していますか?「SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMCをおいしい絞りで楽しむ」

2018-10-10 13:00

レンズはそれぞれに高い解像力を発揮するスイートスポットのような絞り値があります。これを把握してSAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMCを使ってみましょう

酒井宏和の感動表現|第41回目は、ハーフNDフィルターの使いこなしです。日常を非日常に!!

2018-10-10 13:00

四角い頭を丸くする。固定概念に縛られず、色々チャレンジしましょう。