Original

オオヤマナホの感動表現|ソフトフィルターポートレート★ペットをフォギーで撮ってみる!

みなさんこんにちは。オオヤマナホです!

夜になるとコオロギが鳴き出しましたがまだまだ東京地方は

セミ優勢ですね。窓の外でアブラゼミうるさああああい(-_-メ)

・・・・。

・・・・。


今日は6月のフォトネクストでわたしの登壇に遊びに来てくれた

モデルさんのリサちゃんのお仕事場に遊びに行ってきたときのレポートです♪

場所は表参道にある「カワウソカフェ®HARRY 原宿テラス店」です。


カワウソってね。キュンキュンなくの。( ̄▽ ̄)

でね。ハリネズミったらかわいいったらありゃしない。

見てみましょう!!!

今回はめ――――っちゃかわいく撮るぞ。そんな風に思いながら撮りました。

まずは、フィルター無しから。


①   

焦点距離:63mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/125 ISO感度:160

この子はハリネズミじゃなくてリチャードソンジリスというジリスの仲間だとか。


②  もう一枚フィルター無し

焦点距離:60mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/160 ISO感度:200

①  ~③までガラス越しの撮影です。

手でお客さんがくれたごはんを持って食べていましたよ。

結構激しく動く動く。




ソフトフィルター画像をみてみましょう。

③   

焦点距離:58mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/160 ISO感度:200


わかりますか?

今回はフォギーAの登場です!

細かな毛並みもわかるのはフォギーならでは。

やわらかな表情に仕上がります。



次はハリネズミ君の登場です。

フォギーAの画像からみてみましょう。

④   

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/160 ISO感度:200


フォギーおすすめの設定「逆光+露出補正プラス」で

撮りました。とげとげの針も痛くなさそうに見えませんか?

自分で撮りながら「きゃーーー!めっちゃかわいい!!」って

叫んじゃいました(笑)

もう一枚フォギーのハリネズミ君みてみましょう。

⑤   

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/160 ISO感度:200


かわいい~~(*´ε`*)チュッチュ

(自画自賛っていうか、ほんとかわいいから(笑)

こうなると、フィルターなしのハリネズミみたくなりますよね。

いきますね~♪


⑥   

焦点距離:70mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/160 ISO感度:200

どうでしょうか。ちなみに今回の画像

「どっちがかわいい?」と家族に聞いてみたところ、

みんな、フォギーAのハリネズミくんのほうがかわいいとの

声が高かったです。(無理やりでも脅してもいないです( ̄m ̄〃)





ペット撮影・動物撮影にソフトフィルターいいですね!

いろいろ試してご紹介したいとおもいます。

この続きは・・・次回(第4週)にブラックミストの動物表現みてみたいとおもいます。

同じハリネズミくんでもどう変わってくるのか・・・

フォギーの白ミストとブラックミストの黒ミスト。

その違いをお楽しみに!




来週は角形フィルターのソフト表現です。

前回の使い方★に続いて・・・

具体的なソフト効果をみていきましょう。




ではでは。オオヤマナホでした!

オオヤマナホ

オオヤマナホ

日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター NAHONEIGE(アトリエ ナホネージュ)主宰(nahoneige.com) 「愛ある」をテーマに家族写真・女性男性ポートレート撮影活動中 ナチュラルで動きのある生き生きとした表情の撮影を得意とする。 Instagram:at.nahoneige/nahoneige twitter:nahoneige Facebook:オオヤマナホ

フォギー(A) N


ガラずばりの明るい室内は優しい光につつまれています。明暗のコントラストの著しい差もなくふんわりとした仕上がりにはうってつけ。フォギーAをつかっておうちの明るいお部屋で試してみてください。逆光+露出補正明るめがおすすめですよ!