酒井宏和の感動表現|第49回目は、ハーフNDフィルターのグラデーションの違いです。

皆さま、こんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第49回目は、ハーフNDフィルターのグラデーションの違いです。


角型フィルターを購入検討している方で、一番、需要があるのが、ハーフNDフィルターです。

以前ご紹介したように、濃さの違いがあります。


実は、それ以外にもグラデーションの滑らかさに違いがあります。


上記の写真の、グラデーション部分を比較していますが、左のほうがグラデーションがキツく、

右のほうが、グラデーションがスムーズかと思います。



今回ご紹介するのは、LEEのフィルターです。

ハーフNDフィルターの種類として、ベリーハード、ハード、ミディアム、ソフト、と4つの段階があります。

上の比較写真は、ベリーハードとミディアムの比較です。



この写真は、ミディアムとソフトの比較です。

ほんの少しの違いですが、左側がソフトです。


このグラデーションの種類を選べるのが、LEEフィルターの利点です。


また、LEEフィルターは、普通の丸型フィルター等で採用されいている、ND8等の表記と異なり

0.75等の数値で、濃さを表しています。0.75のハード、0.75のミディアムという呼び方になります。


濃さの対応表です。



0.3
ND2
0.45
ND3
0.6
ND4
0.75
ND6
0.9
ND8
1.2
ND12


濃さのバリエーションも他メーカーと比べてとても小刻みになっています。

ハーフNDフィルターで、一番細かい調整ができるのが、LEEのフィルターです。


ただ、種類がありすぎて、最初に何を買えば良いの?という疑問が出てくると思います。


ハーフNDフィルターを使い込んでいくと、ND4だと、ちょっと薄い、ND8だとちょっと濃い。

と、思うことが多々あります。

そのため、まず最初に買うのであれば、オススメは、0.75です。

グラデーションも4種類揃えても良いのですが、まずは間を抜いて、ベリーハードとミディアムまたは、

ハードとソフト、というような感じで揃えておいて、あとは自分の使うものを追加していく、

という方法が良いかと思います。





1枚目がフィルター未使用

2枚目がベリーハード使用

3枚目がミディアムです。


当然ですが、直線の被写体向きなのは、ベリーハードになります。

水平線、地平線などの撮影には適しています。




1枚目はフィルター未使用

2枚目はベリーハード使用

3枚目はソフト使用です。


こういう感じの、でこぼこのある被写体は、ソフトが便利です。


最初は少し、難しいと感じることもあるかもしれませんが、使い慣れてしまえば、とても単純です。

是非、ハーフNDフィルターを駆使して、作品の質を上げてください。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

國政寛の感動表現|バラのいろいろな姿をマクロレンズで写し取ろう!

2019-05-29 15:00

美しく魅力的なバラですが、漠然と撮っているといつも同じような絵になりがちです。アップで迫ったり、ピントの位置を変えてみたり、前ボケや背景を活かしたり、マクロレンズを使ったいろいろなバラの撮り方をご紹介します。

千手正教の感動表現|星空を撮る⑬

2019-05-29 15:00

Tokina opera16-28mm F2.8 FFとCanon-EOS6DMarkⅡSEOSP4とSLIK ライトカーボンE84 FAの組み合わせは、とてもコンパクトに纏まり、飛行機を使った撮影旅行には最適です。

齋藤千歳の感動表現|ミラーレス一眼時代の超広角はコンパクトで高性能なだけでなくSAMYANG 12mm F2.0 NCS CSはフィルターも使用可能です。

2019-05-29 15:00

APS-Cミラーレス機向けのSAMYANG 12mm F2.0 NCS CSは超広角なのにねじ込み式フィルターが普通に使えて便利

齋藤千歳の感動表現|新千歳空港からわずか約20分の安平町で菜の花などの春の風景にKenko MC プロソフトン(B)Nでひとひねり

2019-05-29 15:00

どうしても平凡になりがちな春の風景にKenko MC プロソフトン(B)Nでアクセントを加えてみました

伊藤宏美の感動表現|冬の北海道☆食いしん坊編 ~牡蠣弁当をおかわりの巻~

2019-05-29 15:00

フルサイズカメラ+ ATX 17-35 F4 PRO FXで食いしん坊の旅