酒井宏和の感動表現|第47回目は、ハーフNDフィルターと、HDRと、画像処理(レタッチ)のお話です。

皆さま、こんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第47回目は、ハーフNDフィルターと、HDRと、画像処理(レタッチ)のお話です。


今回はフィルターの効果だけではなく、HDRや、画像処理(レタッチ)に触れてみようと思います。






まず、ハーフNDフィルターの基本的効能からご説明します。

1番上の写真は、フィルター無しで撮影しました。

デジタル写真は、0~255(白~黒)の階調によって写真を表現しています。

2枚目の写真の赤い部分は、白トビ、と言って、階調が0の部分を表示させたものです。


撮影後に写真の明るさ等を整える、レタッチ作業を行います。

レタッチの時に、0の部分を暗くすると、赤く表示されているところすべてが同じ色に補正されてしまいます。

立体感がなく、のっぺりとした画像になってしまいます。


3枚目の写真は、ハーフNDフィルターを上面に使っています。

ほんの僅かですが、空にグラデーションが出て、立体感が出て来ます。




上記の写真は、フィルター無しでそのまま撮影しました。

わらぶき屋根の建物が暗くなってしまって、いまいちディティールが解りません。




最近のカメラには、HDRという機能が付いているものが多いです。

明るい、普通、暗いの3枚の写真をカメラの中で自動合成してくれます。

ぱっと見は、すごき綺麗に仕上がりました。空の色もわらぶき屋根の建物もしっかりと表現されいます。



HDRで撮影した写真の左側をアップで切り抜いています。

HDRの欠点は、3枚の写真を合成する関係上、動いている被写体は3重になりブレてしまいます。

風の強い日、滝の水の流れ等でもブレの問題が出て来ます。

また、HDRは、色の範囲の広いRAWデータで撮影出来なくなるカメラもあります。



こちらの写真は、上下にハーフNDを使用して、1枚撮影したRAWデータを画像補正したものです。

白トビ、黒潰れなく、情報量の広いRAWデータで撮影したものを必要最低限のレタッチで仕上げています。


フィルターやレタッチ等、手間はかかりますが、手をかけた分、良い写真が出来上がります。

皆様も、1枚1枚の写真を丁寧に仕上げて行ってみませんか?

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

馬場亮太の感動表現FiRIN 20mm F2 FE AFと最新のミラーレスカメラで撮る日常・その1

2019-03-13 13:00

CP+2019でも注目を集めた最新のミラーレスカメラ、SONY「α6400」にFiRIN 20mm F2 FE AFを装着して、日常スナップを切り取りに行ってきました。

斎藤志津代の感動表現|水平線が変わる!

2019-03-13 13:00

クリップレンズ超広角を使用すると水平線の表現の幅がひろがります!

千手正教の感動表現|星空を撮る⑨

2019-03-13 13:00

今回、Tokinaレンズの新製品であるopera16-28mmF2.8FF(2019年3月15日発売)を星景撮影に使用してみました。本来は、南の島でと思い八重山に持参したのですが、生憎の空模様で撮影出来ず。。。そこで、房総に帰宅した翌日、晴れそうだという事で南房総市の海岸へ出掛けてみました。

國政寛の感動表現|たのしくマスター! マクロ撮影術!(3)視点を吟味する

2019-03-13 13:00

マクロ撮影術の第3回目は「視点を吟味する」。見つけた被写体をそのまますぐに撮るのではなく、高さやカメラ位置など、いろいろと視点を変えながらじっくり観察して撮影しましょう。

酒井宏和の感動表現|第48回目は、角型フィルターの持ち歩き方と、メンテナンスについてです。

2019-03-13 13:00

角型フィルターは、どんなふうに持ち運べば良いの?メンテナンスすれば良いの?の疑問にお答えします。