酒井宏和の感動表現|第46目は、ハーフグラデーションフィルターの使用実例です。

皆さま、こんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第46目は、ハーフグラデーションフィルターの使用実例です。


冬の寒い時期、太陽が沈むのが早いので、夜の時間が長くなります。

寒いですが、夜景撮影には、良い時期になりますね。

防寒だけはしっかりしてから、撮影に出かけましょう。


cokin 668 フルーモーヴ1


cokin 123 ブルー2

cokin 131 エメラルド2


ハーフグラデーションフィルターは、色のグラデーションになっているフィルターで、いろんな色の種類があります。

どれもとても綺麗な色なのですが、どれを選ぶか悩んでしまうのですが、今回は3枚を選んでみました。

ブルー2は、このブログの最初の方で、空を青くするために使いました。



それぞれのフィルターを空の部分に使用してみました。

色がついて、境目は綺麗なグラデーションになります。



上の写真がフィルターなし、下の写真がフィルター有りです。

見慣れた写真が、ぐっと印象的になります。

上の写真でも、とても綺麗なのですが、フィルターを入れた写真を見てしまうと物足りなく感じませんか?

最近は、後処理で色加工もできますが、光学的な効果を使っての作品作りに意味があると思います。



cokin 123 ブルー2

cokin 131 エメラルド2


を使用した作例です。

どちらも、それぞれ、インパクトがある写真に仕上がっていると思います。

この写真だと、フィルターを使用した、と伝えなければ、自然に綺麗な色。という認識になるかもしれません。

見分け方としては、橋の左手前の部分には、色がついていますが、柱の部分には色がついてはいません。

フィルターは、垂直ではなくて、ちょっと斜めにして使用しています。


夜景の空の部分だけに使用しています。

色をつける他に、空の色を落とす効果もありますので、夜景に目線を誘導するという効果もあります。



今回使用したのは、3枚のフィルターですが、どの色を選ぶかは、人それぞれの好みで良いと思います。

この3枚の中だと、個人的には真ん中の写真が、色合い的にはマッチしているかなと思います。


自分の好きな色のフィルターを選んで、創意工夫で、写真にインパクトを追加しましょう。


酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

馬場亮太の感動表現FiRIN 20mm F2 FE AFと最新のミラーレスカメラで撮る日常・その1

2019-03-13 13:00

CP+2019でも注目を集めた最新のミラーレスカメラ、SONY「α6400」にFiRIN 20mm F2 FE AFを装着して、日常スナップを切り取りに行ってきました。

斎藤志津代の感動表現|水平線が変わる!

2019-03-13 13:00

クリップレンズ超広角を使用すると水平線の表現の幅がひろがります!

千手正教の感動表現|星空を撮る⑨

2019-03-13 13:00

今回、Tokinaレンズの新製品であるopera16-28mmF2.8FF(2019年3月15日発売)を星景撮影に使用してみました。本来は、南の島でと思い八重山に持参したのですが、生憎の空模様で撮影出来ず。。。そこで、房総に帰宅した翌日、晴れそうだという事で南房総市の海岸へ出掛けてみました。

國政寛の感動表現|たのしくマスター! マクロ撮影術!(3)視点を吟味する

2019-03-13 13:00

マクロ撮影術の第3回目は「視点を吟味する」。見つけた被写体をそのまますぐに撮るのではなく、高さやカメラ位置など、いろいろと視点を変えながらじっくり観察して撮影しましょう。

酒井宏和の感動表現|第48回目は、角型フィルターの持ち歩き方と、メンテナンスについてです。

2019-03-13 13:00

角型フィルターは、どんなふうに持ち運べば良いの?メンテナンスすれば良いの?の疑問にお答えします。