酒井宏和の感動表現|第43回目は、カラーのハーフフィルターの使い方です。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第43回目は、カラーのハーフフィルターの使い方です。


朝晩急にグッと寒くなってきましたな。

間も無く東京でも紅葉やイルミネーションが始まる時期撮影が忙しくなりますね。

今回は、秋薔薇の撮影をして見ました。



コッキンには樹脂に色を染み込ませたとても綺麗な色のフィルターが沢山あります♪

今回はその中から、少し渋めの色を選択して見ました。


A138 ピンク

A668 ムラサキ

A132 ブラウン



フィルター無しでの撮影です。

空は明るいので、どうしても明るく写ってしまいます。

この状態だとハーフNDフィルターが欲しくなってきます。



A668のフィルターをかけていました。

明るい空の露出が落ち着いて、バラが目立つようになってきました。

色味がつくことで、不思議な感じも演出できています。

曇り空ですが、パッと見、青空のような演出にも見えます。



A138のフィルターを使用しました。

若干違和感がありますね。

この色のフィルターは夕方に使うとさらに有効になります。

夕日の時間に使うと、もっと効果的になります。



A132のフィルターを使用しました。

今回のような洋館の撮影では、このフィルターが一番、ノスタルジックなイメージを出す事が出来ました。



構図を変えて撮影して見ました。

日が落ちるまでにはもう少し時間がありましたが、空に色がついたのでより印象的な写真に仕上がりました。


今回ご紹介した以外にも、いろいろな色のフィルターが発売されています。

自分好みの色を見つけて、作品に自分のイメージをプラスしてみてはいかがでしょうか?

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin 132 オリーブイエロー1


様々な色のある、フランス製、コッキンのカラーフィルターを楽しみましょう。