酒井宏和の感動表現|第40回目は、ハーフプロソフトン(A)を花火撮影に使ってみた。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第40回目は、ハーフプロソフトン(A)を花火撮影に使ってみた。


前回と同じくこのフィルターを使用しています。

半分はソフトフィルターで半分は透明です。



最近は花火撮影はやってますね。きっちり三脚を使って撮影すると1枚目のように綺麗な線で写ります。

当然これでも綺麗なのですが、下の写真は、ソフトフィルターをかけてみました。

光が柔らかくなり、幻想的な感じになりました。


ハーフソフトを活用してみました。

上の花火にソフトの部分、下の建物には透明な部分がくるように装着しています。

他の人はちょっと違った感じの花火が撮れますね。



シャッタースピードを速くして撮影していました。

星と同じく高速シャッターだと花火は点になってしまって、ちょっと味気ない感じになるのですが、

粒が広がって、花火の色が綺麗に出てきました。高速シャッターの花火表現もありかもしれませんね。


色々試行錯誤した結果、この写真は、全面にソフトをかけてみました。

露出を明るめにして、ホワイトバランスも調整しました。

このフィルターは、ハーフソフトとしても当然使えますが、全面ソフトとしても使えます。


創意工夫で、色々楽しんでみてください。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

ハーフプロソフトン(A) 100×125mm


星撮影の最終兵器!!でも、その他の使い方も出来るかも??