酒井宏和の感動表現|第39回目は、ハーフプロソフトン(A)です。半分だけソフトフィルターです!!

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第39回目は、ハーフプロソフトン(A)です。半分だけソフトフィルターです!!



こんな感じのフィルターです。

半分はソフトフィルターで半分は透明です。



まずはソフトフィルター、あり、なしで、火星を撮影して見ました。(トリミングしています)

星がにじむことにより、大きくなるのと、星の色が出てきます。

星空を撮影するとなんか、点々で味気ない。ので、昔からソフトフィルターを使用している人が多いです。

星は白とびして白くなりますが、星には赤・青等の色があります。

ソフトフィルターを使うと、色が出てくるのと、星が大きくもなるので、賑やかな感じになります。




次に建物部分に、ソフトフィルターをかけてみました。建物もぼやけて幻想的。

でも、ちょっとこのにじみが、強すぎる気もする??


この写真は、星の部分がソフト、地上の部分が透明になるようにセットしました。

拡大するとわかるのですが、ちょっと効果がわかりにくいですね、すいません・・・。失敗写真です。

理由としては、夏は、湿度が高いので、星があまり見えない、また、街が近すぎるとより空が明るくなってしまいます。

今回は、テスト撮影だったので、今度、星と町並み等の写真は撮り直します。


効果がわかりにくかったので、今回は夜景にハーフプロソフトン(A)を使用してみました。

1枚目は、フィルターなし

2枚目は、下の方にソフトフィルター

3枚目は、上の方にソフトフィルター

こうしてみると、効果がはっきりわかりますよね?

フィルターを見ると、境界線が、はっきりあるように見えますが、写真にするとほとんど分からなくなります。


この写真は上の東京タワーの部分のみソフトをかけてみました。

角型フィルターは、上下が動かせます。回転もできるので、星の撮影にとらわれずに

色々チャレンジしてみるのも良いと思います。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

ハーフプロソフトン(A) 100×125mm


星撮影の最終兵器!!でも、その他の使い方も出来るかも??