酒井宏和の感動表現|第37回目は、cokin a345という昔からある変わったフィルターです。あんまり認知されていないフィルターかも?

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第37回目は、cokin a345という昔からある変わったフィルターです。あんまり認知されていないフィルターかも?


こんな感じのフィルターです。

2枚セットで、黒い丸と、穴のフィルターです。



まずは、黒い丸で周りが透明のフィルターを装着して撮影。

ひまわりの真ん中に黒い部分が来るように撮影しました。

今度は、穴の空いたフィルターで、覗き込む感じで、猫の顔をさ撮影♪

多重露出(1枚の写真で2回撮影する)方法で撮影するとこんな感じに、らいおんの出来上がり!!


最近のカメラは、多重露出がついているもの、中には撮影データを選んでカメラの中で多重できるものもあります。

また、撮影後にフォトショップ等で加工する場合は、レイヤーで重ねて、比較明合成を行えば完成します。

F2.8

F8.0


黒い丸で周りが透明のフィルターを装着して撮影する場合、絞りの数値を変えると黒い部分の大きさが変化します。

また、ズームレンズの場合はズームすると当然丸の大きさが変化します。

同じ絞り、同じ焦点距離、で撮影した方が、合成はしやすいです。


イメージ的には、子供の夏の工作的な感じですね・・・。結構頭を使います。​​​​​​​

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin 345 ダブルマスク2


こんなに遊び心満載で、アナログなフィルターもいまの時代珍しいですね・・・。