酒井宏和の感動表現|第32回目は、ハーフ系のフィルターの使い方のヒントです。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第32回目は、ハーフ系のフィルターの使い方のヒントです。


この写真は、そのままストレート撮影です。


cokin P125S、という、ハーフのオレンジっぽい色調(製品名はタバコカラー)のグラデーションフィルターを上側にかけてみました。

暗くなるのと同時に、オレンジ色も増して、雰囲気が出てきたと思いませんんか?

追加で、cokin P121というハーフNDフィルターを下側が濃くなるように装着しました。

そうすると、真ん中の花が浮き立ってきませんか?


この作例だけでなくて、写真全般に言えることで、明るいところは目立つ。という法則があります。


3枚の写真を横並びに並べてみました。

写真に深みが出てきているのがわかりますか?


ハーフND等は夕日で使うイメージが強いと思いますが、メインの被写体を浮かび上がらせるために使う。

という方法を知ると、活用の幅が、とても増えると思います。


是非、丁寧に、高品質な写真を目指して、ハーフNDフィルターを活用してみてください。​​​​​​​

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin 125S ソフトタバコ2


ちょっと難しいけど、知っていると写真表現がぐっと深まる。ハーフ系フィルターの使い方。

この内容で送信します。よろしいですか?