酒井宏和の感動表現|第30回目は、染井吉野の桜色問題、角型フィルターで解決です。


皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第30回目は、染井吉野の桜色問題、角型フィルターで解決です。





桜はピンクというイメージがあるのですが、撮影してみると、ピンク?

なんか白っぽくない?

ということはよくあることです。








上の写真は、cokin  232

下の写真は、cokin 046

を使用して撮影しました。


全面ピンクのフィルターです。

A232はかなり薄いので、ほんの少しピンク、A046だとだいぶピンクっぽくなりました。

イメージ通りの桜色は、A046が良いのではないでしょうか?





上記の写真は、cokin 139を使用して撮影ました。

このフィルターは、ピンクのグラデーションです。

グラデーションは横にかけていて、右側がピンク色が濃くなっています。


単色だと、全体的にピンクになりますが、グラデーションだとより自然に見えませんか?


左側の木の緑部分は、透明になりますので、との色が出ています。

また、角型フィルターは回せるので、どこにピンクの強い部分を持ってくるか自分で調整が出来ます。





角型フィルターは、フィルターを挿入するだけで、取り付けができますので、追加でソフト系のフィルターを装着するも簡単です!!


お花の色をより印象ずけるために、ハーフのカラーフィルターという選択肢もありかと思います。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin 139 ハーフFL-D 


桜はピンクというイメージがあるのですが、撮影してみると、なんか、白っぽくないですか?