酒井宏和の感動表現|第25回目は、角型フィルターの、cokin 170 バリカラー レッド&グリーンです。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第25回目は、cokin 170 バリカラー レッド&グリーンです。

とても不思議なフィルターです。色付きのPLフィルターというと、わかりやすいかもしれません。

 

 

見た目はこんな感じ。

一見するとただのカラーフィルターのように見えますが、偏光板が多分入っていて、回すと色が変わります。

今回使用したのは、レッド&グリーンですが、ブルー&イエローなど、他の色もありますし、

バリカラーではない、単色のポラカラーというフィルターもあります。

 

 

1枚目が素の状態です。

2枚目がフィルターをかけて、偏光が少ない状態です。

3枚目がフィルターをかけて、偏光が多い状態です。

 

不思議ですよね・・・。

 

3枚目の写真をよく見てください。

空はグリーン、建物の左側の白い壁がオレンジ(レッド)になっています。

 

バリカラー レッド&グリーン

 

偏光の効果の少ないところが、レッド、多いところがグリーンになる。

とう感じです。

 

だから何?

 

というのもあるかもしれませんが、フォトショップとかない、ずっと以前

フィルムの時代にこのフィルターを使って撮影した写真はみんなびっくりしたのでないでしょうか?

 

イメージ的に、砂漠とか、工場とか、似合いそうな気がします。

 

かなり癖のあるフィルターなので、何かこれは良い、という作例が撮れたら、再度ブログにします。

 

我こそは、と思う方は、このフィルター、ぜひチャレンジして見てください。

世の中には、国際フィルターフォトコンテスト、というものもあります。

こういう特殊なものを使いこなせば、入選率は上がるかもしれません。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin 170 バリカラー レッド&グリーン


とても不思議なフィルターです。色付きのPLフィルターというとわかりやすいかもしれません。