酒井宏和の感動表現|第24回目は、角型フィルターの定番のcokin NUANCES ND1024を街の雑踏で使って見ました。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第24回目は、再登場のcokin NUANCES ND1024です。

個人的に、角型フィルターの中で、かなり使用頻度の高いフィルターです。

 

 

 

前回は夜の作例でしたが、今回は昼間です。

よく昼間でスローシャッターで人が消せる。

と書いてあるのを見かけますが、厳密にいうと、残像が残ります。

渋谷は人が多いので、だいぶ残像が残りますが、人通りが少ないところはこれほどは目立ちませんが、

若干は、残像は残ります。

 

最近は、カメラの高解像度化と、肖像権重視の傾向がつよくなって来て、ざっくり撮った街の写真に

写っている人も拡大してみるとはっきりとわかります。

 

今回の作例は10秒以上の長時間露光ですが、1秒ぐらいでも、動いている人はブレます。

ので、作品性(公開する)ことを前提として撮影している方は、ブラして人をわからなくする、

というのはとても有効かと思います。

 

1枚目の写真は、フォトショップで顔の部分にぼかしを入れています。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

齋藤千歳の感動表現|明るい超広角レンズでは、その特徴を理解してより効果的にぼけやパースペクティブを活用するのが使いこなしのポイント

2018-07-18 15:47

超広角のSAMYANGAF14mm F2.8 FEを使って室内撮影でも印象的なぼけとパースペクティブで写真を印象的に仕上げます

光川十洋の感動表現|「金魚の舞」

2018-07-18 15:45

暑いより熱い!と思ってしまう日本の夏。涼しい室内で、涼感たっぷりの「金魚の舞」をフルサイズの広角ズームレンズで味わってきました。

馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm F2 FE AFで撮る、とあるフォトグラファーの一日。

2018-07-11 14:15

スタジオ撮影のある一日をFiRIN 20mm F2 FE AFで切り取ってみました。こんな感じで仕事してます。

yunaの感動表現|『ひとつのレンズだけで残せる1日がある』

2018-07-11 14:15

今回はAT-X 24-70 F2.8 PRO FXを持ち出し、初夏の北海道では今が見頃の薔薇を見てきました。 普段この画角で使うのは単焦点レンズばかりの私はこのレンズのことをちょっとだけ甘く見ていたのかもしれないです。

mokkunの感動表現|Lensbaby velvet56

2018-07-11 14:15

ボケ、滲み、ソフト効果、色調の段階的変化がまるで絵画のようでそれをどうコントロールするか、背景処理や周囲の光と環境との兼ね合い、そして自ら脳内にイメージする画とvelvet56が描写してくる写真をどう合致させ擦り合わせていくか。