酒井宏和の感動表現|オールドレンズ風の撮影が出来る、cokin 141 センタースポット ブラック(楕円)をご紹介いたします。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第21回目は、オールドレンズ風の撮影が出来る、cokin 141 センタースポット ブラック(楕円)をご紹介いたします。

 

 

フィルターはこんな感じです。

真ん中は、透明で、周辺に行くに従って、ドットが濃くなって行きます。

 

 

 

1枚目は、そのまま撮影した写真、2枚目は、フィルターを装着した写真です。

 

最近のレンズは、性能が上がって周辺部までクリアに写るようになってきています。

これはこれで良いことなのですが、昔から写真をやっている方はあっさりした印象を受けます。

昔の写真を見ると周辺が黒く落ちていてなぜかかっこいいです。

このフィルターはそれを再現することができます。

 

 

 

上記は、周辺光量落ちの写真です。グッと質感が上がってくる感じがします。

冬なので、さみしい感じの写真ですが、風景だけでなく、お花の写真や、スナップ写真等

わりとポップな感じの写真でも、周辺光量落ちはマッチします。

写真に質感や深みを出したい人は、ぜひ。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin 141 センタースポット ブラック(楕円)


周辺光量を落とすと、ぐっと写真の質感が上がります。