酒井宏和の感動表現|第18回目は、ダイヤモンド富士の撮影で使うフィルターのお話です。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第18回目は、ダイヤモンド富士の撮影で使うフィルターのお話です。

 

風景写真で大人気なダイヤモンド富士。

日本人ならば、とりあえず1回は撮影しておこうかなと思う被写体です。

 

かれこれ、1000人近い方を、ダイヤモンド富士のツアーにお連れしています。

毎回必ず聞かれるのは、フィルターはどうすれば良いの?というもの。

基本は、全部外してください、とレクチャーします。

PLフィルターは効果が全くと言って良いほどないですし、その他のフィルターも乱反射の元です。

 

ただ、ハーフNDフィルターを持っている方のみは、使用をお勧めしています。

 

 

上の写真が、フィルター未使用、下の写真がフィルター使用。太陽の光芒がはっきりします。

 

 

下の光芒は富士山の黒い面に伸びているのではっきり見えますが、ハーフNDを使用しないと

上の光芒がもっと薄くなります。

今回は、NUANCES GND8を使用しています。

設定 F22 1/1250 ISO100

 

 

 

 

ちょっと話はそれますが、光芒の綺麗さは、レンズによって異なります。

お持ちのレンズで試して見ると、結構違いがあると思います。

ハーフNDを使用すること、光芒の綺麗なレンズを選ぶことで単純な

ダイヤモンド富士の撮影を1段も2段もレベルアップすることが出来ます。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

酒井宏和の感動表現|第25回目は、角型フィルターの、cokin 170 バリカラー レッド&グリーンです。

2018-02-21 13:00

とても不思議なフィルターです。色付きのPLフィルターというとわかりやすいかもしれません。

齋藤千歳の感動表現|SAMYANG AF50mm F1.4の実力

2018-02-21 13:00

大きなぼけが発生する標準50mmのF1.4。開放絞りでのあまやかな描写も魅力的なSAMYANG AF50mm F1.4 FEの実写で検証しよう。

馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm+α7RIIIで切り取る東京の日常2/秋葉原。

2018-02-21 13:00

FiRIN 20mm F2 FE MFとα7RIII(ICLE-7RM3)を組み合わせて切り取った東京の日常。今回は外国人観光客も多く訪れる個性的な街、秋葉原でのスナップを。

オオヤマナホの感動表現|デュートで男を撮る。光と影の活かし方

2018-02-21 13:00

男性ポートレート撮影の光と影のコントラストをデュートを使用することで階調がやわらかく表現しつつ、影もしっかりと落として無機質なニュアンスをつくりながら表現する。こんな撮影テクニックを21カットの作例から見てみましょう

酒井宏和の感動表現|第24回目は、角型フィルターの定番のcokin NUANCES ND1024を街の雑踏で使って見ました。

2018-02-14 13:00

最近肖像権を心配される方が多くなって来ます。そんな時には、高濃度NDフィルターがオススメです。

この内容で送信します。よろしいですか?