酒井宏和の感動表現|第18回目は、ダイヤモンド富士の撮影で使うフィルターのお話です。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第18回目は、ダイヤモンド富士の撮影で使うフィルターのお話です。

 

風景写真で大人気なダイヤモンド富士。

日本人ならば、とりあえず1回は撮影しておこうかなと思う被写体です。

 

かれこれ、1000人近い方を、ダイヤモンド富士のツアーにお連れしています。

毎回必ず聞かれるのは、フィルターはどうすれば良いの?というもの。

基本は、全部外してください、とレクチャーします。

PLフィルターは効果が全くと言って良いほどないですし、その他のフィルターも乱反射の元です。

 

ただ、ハーフNDフィルターを持っている方のみは、使用をお勧めしています。

 

 

上の写真が、フィルター未使用、下の写真がフィルター使用。太陽の光芒がはっきりします。

 

 

下の光芒は富士山の黒い面に伸びているのではっきり見えますが、ハーフNDを使用しないと

上の光芒がもっと薄くなります。

今回は、NUANCES GND8を使用しています。

設定 F22 1/1250 ISO100

 

 

 

 

ちょっと話はそれますが、光芒の綺麗さは、レンズによって異なります。

お持ちのレンズで試して見ると、結構違いがあると思います。

ハーフNDを使用すること、光芒の綺麗なレンズを選ぶことで単純な

ダイヤモンド富士の撮影を1段も2段もレベルアップすることが出来ます。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

馬場亮太の感動表現FiRIN 20mm F2 FE AFと最新のミラーレスカメラで撮る日常・その1

2019-03-13 13:00

CP+2019でも注目を集めた最新のミラーレスカメラ、SONY「α6400」にFiRIN 20mm F2 FE AFを装着して、日常スナップを切り取りに行ってきました。

斎藤志津代の感動表現|水平線が変わる!

2019-03-13 13:00

クリップレンズ超広角を使用すると水平線の表現の幅がひろがります!

千手正教の感動表現|星空を撮る⑨

2019-03-13 13:00

今回、Tokinaレンズの新製品であるopera16-28mmF2.8FF(2019年3月15日発売)を星景撮影に使用してみました。本来は、南の島でと思い八重山に持参したのですが、生憎の空模様で撮影出来ず。。。そこで、房総に帰宅した翌日、晴れそうだという事で南房総市の海岸へ出掛けてみました。

國政寛の感動表現|たのしくマスター! マクロ撮影術!(3)視点を吟味する

2019-03-13 13:00

マクロ撮影術の第3回目は「視点を吟味する」。見つけた被写体をそのまますぐに撮るのではなく、高さやカメラ位置など、いろいろと視点を変えながらじっくり観察して撮影しましょう。

酒井宏和の感動表現|第48回目は、角型フィルターの持ち歩き方と、メンテナンスについてです。

2019-03-13 13:00

角型フィルターは、どんなふうに持ち運べば良いの?メンテナンスすれば良いの?の疑問にお答えします。