酒井宏和の感動表現|第18回目は、ダイヤモンド富士の撮影で使うフィルターのお話です。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第18回目は、ダイヤモンド富士の撮影で使うフィルターのお話です。

 

風景写真で大人気なダイヤモンド富士。

日本人ならば、とりあえず1回は撮影しておこうかなと思う被写体です。

 

かれこれ、1000人近い方を、ダイヤモンド富士のツアーにお連れしています。

毎回必ず聞かれるのは、フィルターはどうすれば良いの?というもの。

基本は、全部外してください、とレクチャーします。

PLフィルターは効果が全くと言って良いほどないですし、その他のフィルターも乱反射の元です。

 

ただ、ハーフNDフィルターを持っている方のみは、使用をお勧めしています。

 

 

上の写真が、フィルター未使用、下の写真がフィルター使用。太陽の光芒がはっきりします。

 

 

下の光芒は富士山の黒い面に伸びているのではっきり見えますが、ハーフNDを使用しないと

上の光芒がもっと薄くなります。

今回は、NUANCES GND8を使用しています。

設定 F22 1/1250 ISO100

 

 

 

 

ちょっと話はそれますが、光芒の綺麗さは、レンズによって異なります。

お持ちのレンズで試して見ると、結構違いがあると思います。

ハーフNDを使用すること、光芒の綺麗なレンズを選ぶことで単純な

ダイヤモンド富士の撮影を1段も2段もレベルアップすることが出来ます。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

オオヤマナホの感動表現|フォトネクスト2018ソフトフィルターセミナーより

2018-06-14 16:30

フォトネクストご来場ありがとうございました。 ソフトフィルターで人気のフィルターは? どんなフィルターがあって何が違うの?どうやって使ったら 効果的?そんな知りたい疑問の答えがこのブログにありますよ!

國政寛の感動表現|Lensbaby Velvet 56で一味違ったマクロ撮影にチャレンジ!

2018-06-14 16:30

Lensbaby Velvet 56は焦点距離56mmの標準域のレンズです。独特の滲みボケや撮影倍率1:2でのマクロ撮影機能はそのままに、標準域のレンズならではのボケ描写で少し変化のある表現を楽しめます。

齋藤千歳の感動表現|超広角レンズSAMYANG AF14mm F2.8 FEなら憧れの14mmF2.8が現実的な値段で購入でき、どこまでも続くような空を気持ちよく撮影できます

2018-06-14 16:30

なぜ、我々はF2.8という明るさに弱いのか? SAMYANG AF14mm F2.8 FEで撮影しながら、私はそれを考えました

光川十洋の感動表現|太陽の光芒で花木を飾る

2018-06-06 13:00

ファインダーで見たときには見えない、しかし、撮ってみて初めて分かる太陽の「光芒」を、花木撮影に導入してみました。花や草木をよく撮影されますが、光芒が表現されていると、飾りというアクセントがついて、写真作品として感動表現になります。