酒井宏和の感動表現|第17回目は、 角型フィルターって、フードはあるの?

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。
第17回目は、ハレ切りをご紹介いたします。

角型フィルターの講習をしているとたまに聞かれること。
角型フィルターってフードはないんですか?
というもの。

フォルダーによっては設定があるものもあるのですが、ちょっと大掛かりになります。
ので、自分は、黒い板を使用しています。

サイズはA4サイズ、厚紙の表と裏に黒いケント紙を貼ってあります。
100円ぐらいで製作可能です。


 

1枚目は、夕方でフィルターに光が当たっている状態
2枚目は、先ほどの板で光を遮った状態。
下に自分の影が映っていますね・・・。
通常は、カメラを覗きながら、かざすのですが、撮影の関係上横立っています。


 

1枚目が、光が当たっている状態、2枚目がハレ切りをした状態。
やはり直射日光が当たっているとフレアが出て、ハレ切りをすると違いがありますよね。

と書きたかったのですが・・・。
思いの外、違いがないなという結果に・・・。

写真を拡大して並べてみました。

ここまで拡大すると、1枚目の方のシャドー部が若干明るくなっているのが解るかと思います。
もう少し違いが出るのかと思っていましたが、最近はフィルターのコーティングが良いので、
思いの外違いはありませんでした。

ただ、やはり、ハレ切りはした方が画質は上がりますので、
面倒でも、ハレ切りして、高画質な写真を撮影しましょう。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

千手正教の感動表現|星空を撮る⑮

2019-06-27 21:30

今回は、SLIK ASTRA ECH630を用いて、追尾撮影してきた画像をお届けしたいと思います。今回は、ややマニアックに複数枚撮影した画像を天文画像処理ソフト「ステライメージ8(アストロアーツ社)」にてレタッチしたものです。

千手正教の感動表現|星空を撮る⑭

2019-06-27 21:06

今回、三脚3本(うち、赤道儀共用2本)とTokinaレンズ・SAMYANGレンズを数本持って3泊4日の撮影旅です。(実際には、4泊5日になりますが)

齋藤千歳の感動表現|絞り開放付近から解像力の高いSAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CSは好きな絞り撮れる1本

2019-06-26 19:48

解像力を気にすることなく被写界深度だけで絞りを選べる SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CSは非常に快適な1本

伊藤宏美の感動表現|津軽鉄道の旅~前編~

2019-06-26 19:48

AT-X 14-20 F2 PRO DXの画面全域での優れた解像力は主役の被写体を端に配置した絵作りに心強い味方です。 また、艶のある描写力はお料理の撮影にも最適です。

齋藤千歳の感動表現|F1.2の絞り開放から本気で使える希有な大口径レンズSAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CSの開放絞りに酔う

2019-06-26 19:47

絞り開放のF1.2から飾りじゃない高性能を発揮する SAMYANG 50mm F1.2 AS UMC CSの絞り開放を堪能する