酒井宏和の感動表現|第16回目は、 cokin NUANCES GND2をご紹介いたします。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。
第16回目は、 cokin NUANCES GND2をご紹介いたします。

ハーフNDフィルターも色々な濃さがあります。
ND2は一番薄いフィルターで、1段分(半分)のみ光の量が落ちます。


 

作例1作目、2枚の写真を見比べてみてください、違いがわかりますでしょうか?
1枚目は、フィルターなし、2枚目はフィルター有りです。
左上の方に、斜めがけでハーフNDを使っています。
渓流は、当然上から光が来ているので、上の葉っぱ部分が明るくなり、下の川部分は暗くなります。
その差を、ハーフNDフィルターで軽減しています。
濃いハーフNDフィルターだと使用したというのが、すぐにわかってしまうのですが、
ND2のうような薄いものは、使用したと言わないと、多分わからないかと思います。


 

作例2作目ですが、こちらの写真を見比べるとどうでしょうか?
上の紅葉は、ほとんど変化がないのですが、下の水の写り込みの色が鮮やかになっていると思います。
これは、上の部分にND2をかけています。上の部分が暗くなった分明るくすると、下は明るくなります。

・・・。
わかりますか?

言葉で書くと難しですが、使用は簡単です。フォルダーに装着するだけです。

通常のND2はほとんど変化がないので、あまり使用頻度が高くないですが、ハーフNDに限っては
ND2のような薄いものも、実は重宝してます。

丁寧に写真を仕上げて行きたい方にオススメのフィルターです。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

NUANCES GND2 


ND2とものすごく薄いハーフNDフィルター、こんなに薄いNDフィルターは、使用用途あるの?

この内容で送信します。よろしいですか?