酒井宏和の感動表現|第15回目は、 cokin NUANCES ND1024の使い方をご紹介いたします。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。
第15回目は、 cokin NUANCES ND1024の使い方をご紹介いたします。

以前も、ちょっと登場したフィルターですが、シャッタースピードを落とすためのものでND1024と非常に濃い色のフィルターです。

東京の木々も色づいてきて、今年の紅葉撮影も最終段階に入ってきましたね。

 

フィルター有りとフィルターなしの写真を撮影しました。


 

よく目にする、水に写った色鮮やかな紅葉の色。
どんな風に撮影するんだろう?と思ったことはありませんか?

こんな状況で撮影できます。

晴れている日、紅葉に太陽が十分に当たった状態で、それが水に反射するととても色鮮やかな色に写ります。

 

2枚の写真の水面をそれぞれ拡大してみました。


 


水に反射しているとはいえ、紅葉には直射日光が当たっているのでかなり明るいです。
ISO100、F11で、シャッタースピードは1/40でした。
そこに、ND1024を使用すると、10秒までシャッタースピードを落とすことが出来ました。

ND1024は、太陽の当たっている滝もスローシャッターで流すことが出来ますが、こんなところでも活躍します。

そして、NUANCESシリーズは、色の変化が極めて少ないです。
濃い色のNDフィルターを使うと写真の色味が変わることが多いのですが、NUANCESでは、ほとんど変化がありません。
フィルター使用の写真と、未使用の写真を並べても違和感ありません。


 

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

齋藤志津代の感動表現|超接写・撮り比べ比較作例

2018-08-08 13:00

スマホでもボケ感が出るんです♪ クリップレンズで接写したものはもちろん周辺がぼけていますが そのまま撮影でもボケ感は表現できます。

酒井宏和の感動表現|第36回目は、NUANCES EXTREMEセンターGND8という新しい、センターNDフィルターです。

2018-08-08 13:00

真ん中だけ黒いという、新しいコンセプトのフィルターです。

オオヤマナホの感動表現|効果として後からフォギーをポートレートに重ね合わせてみる

2018-08-08 13:00

ソフトフィルターの効果の使い道はあとから付け加えるのもアリなのではないかとおもい試してみました。なんか硬い。なんか違う、なんか欲しい。そんなときにこのテクニックをつかってみるのはどうでしょうか?ポートレートを柔らかくしあげるソフトフィルターの得意技になるかもしれません。

千手正教の感動表現|星空を撮る①

2018-08-08 13:00

軽な機材で撮影の出来る「星景写真(せいけいしゃしん)=風景と星空」や「星野写真(せいやしゃしん)=星空のみ」は、誰にでも撮影できるという魅力があり、人気も高いものです。そこで、これから始めてみたいという天体写真初心者の方にどの様な機材を揃えれば良いのか

國政寛の感動表現|夏の陽射しをうまくコントロールしてマクロ撮影を楽しもう!

2018-08-08 13:00

真夏の撮影では太陽の陽射しが強いため、花びらにきつい影が出たりコントラストが高くなって、ふんわり撮りたい花マクロ撮影には不向きです。そんな夏の撮影に便利なアイテムをご紹介します。