酒井宏和の感動表現|第10回目はcokinのcokinのEVO フィルターホルダーを、ご紹介いたします。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。
第10回目はcokinのEVO フィルターホルダーを、ご紹介します。
今回撮影しているのはLサイズです。


第6回でスタンダードなPシリーズフォルダーをご紹介しましたが、今回は高性能バージョンで新商品です。
今回のEVO フィルターホルダーは金属製でしっかりしていますし、色々考えられた構造になっています。
その辺をご紹介して行きます。


リングをレンズにつけておくのはPシリーズフォルダーと同じですが、リングはEVO専用品です。
そしてスライドして装着します。

一つ目の違い、EVO フィルターホルダーは、上から装着だけではなくて、下から装着も脱着も可能です。
とてもスムーズに装着が出来ます。

角型フィルターの装着自体は同じような感じです。基本的に上から差し込みます。

二つ目の違い、遮光性能があります。前後の軍艦部分で光をカット、実は角型フィルターは
直上の光に弱いのですが、それも対策、1mmぐらいのスポンジ状のものがフィルターとフォルダーの間を埋めます。


三つ目の違い、前面にPLフィルターを装着出来ます。全面にPLフィルターがつくと回す作業がしやすいです。
105mmのフィルターネジが切ってあるので、PLフィルター以外も装着は可能です。


四つめの違い、改造できます。
初期状態だと、角型フィルター2枚と全面に丸型フィルターが装着可能です。
後ろの金色のネジは手で外れるので、外すと、フィルターの枚数を減らしたり増やしたり
丸型フォルターをつける部分を外したりすることも可能です。

Pシリーズフォルダーでも撮影は可能ですが、こだわり派の方にはこのようなフォルダーもご用意があります。


 

説明

色々考えられて設計されている、こだわり派の角型フィルターフォルダー!!
なんか、見たみもすごくかっこいいです。

おすすめ

cokinのEVO フィルターホルダーL
 

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

EVO フィルターホルダー L


色々考えられて設計されている、こだわり派の角形フィルターフォルダー!!
なんか見た目もすごくかっこいいです。

この内容で送信します。よろしいですか?