酒井宏和の感動表現|第9回目はcokinのNUANCES ND1024を、ご紹介します。

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。
第9回目はcokinのNUANCES ND1024を、ご紹介します。

NDフィルターは数字が大きくなるほど色が濃くなって、光の通る量が少なくなって行きます。
今回ご紹介のフィルターは、ND1024です。

2、4、8、16、32、64、128、256、512、1024、・・・・

光の量が、1/10になります。


撮影したのは昼間の太陽が出ている時間です。絞り込んでもシャッタースビードが1/30ぐらいでした。

1/15、1/8、1/4、1/2、1秒、2秒、4秒、8秒、15秒、30秒、・・・・

この状態で、ND1024をつけるとシャッタースピードが、30秒になります。


30秒で撮影すると、寄せては返す波が雲のような感じに写りました。
夜や、日が沈んでしばらくたったあとは、フィルターがなくてもこのように雲のように写せるのですが、
このフィルターがあると日中でも長時間撮影が可能になります。
特殊なフィルターですが、あると、おもしろい表現がいろいろ出来ます。

角型フィルターは重ねて使えるので、上記の写真は空の部分に、ハーフNDフィルターを重ねて使っています。

海だけでなくて、湖の水面、街の雑踏とか、長時間で撮影すると面白そうな被写体はいろいろあります。
いろんなものを長時間撮影して、楽しんでみましょう。


おすすめ

cokin NUANCES ND1024 日中でも長時間撮影が楽しめる真っ黒なフィルター。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

NUANCES ND1024


cokin NUANCES ND1024 日中でも長時間撮影が楽しめる真っ黒なフィルター。

この内容で送信します。よろしいですか?