酒井宏和の感動表現|cokin PLフィルターについて

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。
第7回目はcokinのPLフィルターをご紹介します。

そもそも、PLフィルターとは、乱反射を除去して色を鮮やかにするフィルターです。
青い空をより青くしたり出来ます。
風景写真をやっている人は、すでに持っている方、聞いたことがある方が多いと思います。


水の反射も除去できます。葉っぱのテカリも除去できるので
新緑や紅葉もより鮮やかになってきます。

で、PLフィルターは回して使用しますので、丸いイメージを持っている人が多いと思います。
角型フィルターは四角いのに大丈夫なの?

ご安心ください、角型フィルターでも丸くて回せます。

掲載してる写真は、cokin 160 PLフィルター、です。
おすすめは、cokin 164 サーキュラーPL、です。 

2つは何が違うかというと、マニュアルフォーカス用か、オートフォーカス対応かの違いです。
近年のカメラは、ほぼ100%オートフォーカスが使えますので、
オートフォーカス対応のサーキュラーPLの方がおすすめです。

取り付け方はこんな感じです。
先日紹介した、cokinのAシリーズ、Pシリーズ用のフォルダーの一番手前に装着します。
ギザギザな部分を回せば回りますし、PLフィルターのみの場合は、フォルダーごと回した方がスムーズです。

今回は、cokinのAシリーズ、Pシリーズ用のフォルダーのPLフィルターです。
フォルダーによって、別の形式のPLフィルターもあります。
その辺は、また今後ご紹介してまいります。

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin 164 サーキュラーPL 


反射を除去して、青空等、色々なものを鮮やかにするフィルター

この内容で送信します。よろしいですか?