酒井宏和の感動表現|夕日を確実にきれいに撮る方法とは

皆さまこんにちは、角型フィルターの鉄人の酒井宏和です。

第7回目はcokinのA198、A197フィルターをご紹介します。

このフィルターはオレンジ色のグラデーションになっています。

 

[cokin A197]

[cokin A198]

写真をやっていると、鮮やかな夕日を撮影したい。

と思うのは自然のことかと思います。

当たり前ですが、夕日は1日に一回。

 

 

雨の日も、曇っている日もあって、太陽自体が見れない日も多いもの。

ただ、懲りずに通っていると、良い夕日に出会えます。

とは言え、なかなか、素晴らしい夕日に出会うのは難しいもの

 

 

フィルターではなく、撮影技法で行くと、望遠で赤いところだけ切り取る

カメラの設置を露出アンダー、ホワイトバランス日陰等設定したりします。

台風の後とか、悪天候の後は、夕日が赤くなる確率が上がります。

 

 

この日は、A198のフィルターを使いました。人のシルエットが写っている写真もフィルター装着しています。

色々、設定をいじるよりも、夕日の色に近いこのフィルターを使った方が自然な感じに仕上がります。

 

A198とA197の違いは、濃さの違いです。

両方持っていて、その時々によって使い分けるのが理想ですが、どちらか一枚であれば、濃いめのA198が、おすすめです。

 

酒井宏和(さかいひろかず)

酒井宏和(さかいひろかず)

写真家 プロカメラマンとしての活躍がメイン。自由が丘にスタジオを開業しオーナー業も行う。傍ら、SONYαアカデミー講師、クラブツーリズム講師、日本写真講師協会認定フォトインストラクター等、講師としても活躍する。

cokin 198 サンセット2


cokinのA198 綺麗な夕日をより綺麗にするフィルター

この内容で送信します。よろしいですか?