斎藤志津代の感動表現|水平線が変わる!

皆様こんにちは。

スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。

先日伊豆・下田に行ってきました。

当日はとにかくいい天気!
空も海も青くてほんとに癒されます。




こんな風景が目の前にあったら
思わず写真を撮ってしまいますよね。

広い風景をもっと画面におさめたくて
クリップレンズ超広角を使ってみました。



鳥居の大きさからかなり広い範囲で海が入っているのが
わかりますね。

この写真の場合、水平線がちょうど真ん中になるように
配置しているので水平線はほぼ横まっすぐになっています。


ここでスマホを少し下向きに角度を変えて撮ってみました。
少し水平線が真ん中より下がったあたりの位置にて撮影。



広角レンズならではの歪曲効果がでていて
ダイナミックに撮れますね。

海に加えて広い空も広く写すことができます。


さらに次の写真はスマホを少し上向きにして
水平線が上端から3分の1くらいの位置で撮影したものです。



こちらの写真だと水平線が上側に歪曲しますので
水平線から波打ち際まで迫力ある感じに撮れました。


この写真を撮っているときは波打ち際ぎりぎりに立っているので
時々足元まで波が来てしまう事が。

濡れないようにぎりぎりまでねばっての撮影です(笑)


同じクリップレンズでもスマホの向きを少し
傾けるだけで表現がまったく変わってきます。


ちなみにほんの少しだけ傾けた写真がこちら。

​​​​​​​
このようにほんの少しだけ・・・だと
悪いというわけではないのですが
中途半端に感じられてしまうこともありますので
ご注意ください。

スマホの角度を変えるだけで表現の幅が広がりますね。
超広角レンズならではの効果、ぜひお試しください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

馬場亮太の感動表現|Tokinaの最新レンズ・FíRIN 100mm F2.8 FE MACROで撮る新しい日常。

2019-05-15 19:09

通算40回目のTokina FiRINによる写真ブログは、新発売の「FiRIN 100mm F2.8 FE MACRO」で撮った日常スナップを中心にお届けします。

光川十洋の感動表現|「平成ラストデー、山手線沿線の記憶」

2019-05-15 19:09

平成31年4月30日は、平成のラストデー。私は、山手線の駅から歩いて、沿線の「記録」を試みました。さて、「記憶」のお手伝いができますやら……。

齋藤千歳の感動表現|絞り開放から解像度が高く明るいSAMYANG 12mm F2.0 NCS CSは映り込みを意識して撮影すると水族館をもっと楽してくれる

2019-05-15 19:09

明るい単焦点広角レンズSAMYANG 12mm F2.0 NCS CSは映り込みを活用すると水族館撮影がもっと楽しくなる

伊藤宏美の感動表現|札沼線の冬~後編~

2019-05-15 19:08

AT-X14-20 F2 PRO DXを持って札沼線を撮る

千手正教の感動表現|星空を撮る⑫

2019-05-15 19:08

 撮影旅行に行かれた方も多かったでしょう。私は、沖縄県石垣市にあるリゾートホテルから星空観察ツアーのナビゲーター業務を請け負い、期間中八重山諸島に滞在する事が出来ました。その間、ツアー終了後は自由でしたので、Tokina opera16-28mm F2.8 FFとopera 50mm F1.4FFを使用して、風景や星空を撮影してきました。