斎藤志津代の感動表現|水平線が変わる!

皆様こんにちは。

スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。

先日伊豆・下田に行ってきました。

当日はとにかくいい天気!
空も海も青くてほんとに癒されます。




こんな風景が目の前にあったら
思わず写真を撮ってしまいますよね。

広い風景をもっと画面におさめたくて
クリップレンズ超広角を使ってみました。



鳥居の大きさからかなり広い範囲で海が入っているのが
わかりますね。

この写真の場合、水平線がちょうど真ん中になるように
配置しているので水平線はほぼ横まっすぐになっています。


ここでスマホを少し下向きに角度を変えて撮ってみました。
少し水平線が真ん中より下がったあたりの位置にて撮影。



広角レンズならではの歪曲効果がでていて
ダイナミックに撮れますね。

海に加えて広い空も広く写すことができます。


さらに次の写真はスマホを少し上向きにして
水平線が上端から3分の1くらいの位置で撮影したものです。



こちらの写真だと水平線が上側に歪曲しますので
水平線から波打ち際まで迫力ある感じに撮れました。


この写真を撮っているときは波打ち際ぎりぎりに立っているので
時々足元まで波が来てしまう事が。

濡れないようにぎりぎりまでねばっての撮影です(笑)


同じクリップレンズでもスマホの向きを少し
傾けるだけで表現がまったく変わってきます。


ちなみにほんの少しだけ傾けた写真がこちら。

​​​​​​​
このようにほんの少しだけ・・・だと
悪いというわけではないのですが
中途半端に感じられてしまうこともありますので
ご注意ください。

スマホの角度を変えるだけで表現の幅が広がりますね。
超広角レンズならではの効果、ぜひお試しください。


最後までお読みいただきありがとうございました。

斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

馬場亮太の感動表現FiRIN 20mm F2 FE AFと最新のミラーレスカメラで撮る日常・その1

2019-03-13 13:00

CP+2019でも注目を集めた最新のミラーレスカメラ、SONY「α6400」にFiRIN 20mm F2 FE AFを装着して、日常スナップを切り取りに行ってきました。

斎藤志津代の感動表現|水平線が変わる!

2019-03-13 13:00

クリップレンズ超広角を使用すると水平線の表現の幅がひろがります!

千手正教の感動表現|星空を撮る⑨

2019-03-13 13:00

今回、Tokinaレンズの新製品であるopera16-28mmF2.8FF(2019年3月15日発売)を星景撮影に使用してみました。本来は、南の島でと思い八重山に持参したのですが、生憎の空模様で撮影出来ず。。。そこで、房総に帰宅した翌日、晴れそうだという事で南房総市の海岸へ出掛けてみました。

國政寛の感動表現|たのしくマスター! マクロ撮影術!(3)視点を吟味する

2019-03-13 13:00

マクロ撮影術の第3回目は「視点を吟味する」。見つけた被写体をそのまますぐに撮るのではなく、高さやカメラ位置など、いろいろと視点を変えながらじっくり観察して撮影しましょう。

酒井宏和の感動表現|第48回目は、角型フィルターの持ち歩き方と、メンテナンスについてです。

2019-03-13 13:00

角型フィルターは、どんなふうに持ち運べば良いの?メンテナンスすれば良いの?の疑問にお答えします。