斎藤志津代の感動表現|巾着田でスマホテレ撮影!

皆様こんにちは。

スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。

先日は日高の巾着田~トーベ・ヤンソンあけぼの森公園に行ってきました。

巾着田は曼殊沙華がちょうど見ごろ!
平日でしたが大勢の観光客でにぎわっていました。

今回はリアルプロ シネマティック4K HD テレ2x を使っての作例です。

スマホそのままがこちら。

テレ2×がこちら。


白い曼殊沙華が咲いていました♪
スマホそのままがこちら。

テレ2×がこちら。

お花をより大きく写すことができますね。


スマホのズーム機能を使ってももちろん
大きくは写すことはできますが
ズームすればするほど画質は悪くなります。

テレ2×をつけての撮影ならば
画質が悪くなることがなく大きく撮影が可能です。

さらに後ろのボケもとってもきれいにでますね。
スマホでこのようなボケ感がでるのはとても嬉しいです。

クリップレンズなどつけてなくても
多少はボケはでますがテレ2×使用時のボケ感は
さらに美しく表現されています。

こちらは魚眼のクリップレンズ。


さらに足をのばしてトーベ・ヤンソンあけぼの森公園にも立ち寄りました。

もともと不思議な形の建物ですが魚眼のクリップレンズで
撮影するとさらに不思議な感じになりました。


​​​​​​​

こんな写真も面白いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。



斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

Lensbaby SOL 45で自分好みの写真を撮るコツ

2019-01-16 13:01

このレンズの楽しみ方だったり、撮影するときに自分が注意している点を紹介します。Lensbabyのレンズに興味を持ってこのブログに来られたみなさんのヒントになればと思います。

國政寛の感動表現|たのしくマスター! マクロ撮影術!(1)マクロ撮影の魅力と撮影機材

2019-01-16 13:00

改めて今回から、楽しくマクロ撮影するための知識やテクニックについてお話していきます。今回はマクロの魅力と必要な機材についてです。

水咲奈々の感動表現|「Nikon Z6 + コンポーザープロⅡ スウィート80」と猫島へ

2019-01-16 13:00

Nikon Z6 + コンポーザープロⅡ スウィート80は、焦点距離80mmのティルト機能を備えたレンズです。レンズの銅鏡をくにくにと曲げることでピントの位置を移動することができます。絞り羽根枚数が12枚と多いので、滑らかなボケとグラデーションが魅力的なレンズです。今回はこのレンズの開放絞りF2.8を使用して、被写界深度を浅くして、よりドラマティックなイメージになるようにネコを撮影してきました。

オオヤマナホの感動表現|ローコントラストはブラックミストの代わりになるの?

2019-01-16 13:00

ブラックミスト手に入らないんですけど、ローコントラストかわりになりますか? そこ大事だから!みてみましょう。似てる?違う?あなたはどうおもう? 何回も写真をスクロールしながら違いをじーーーっとみてみてくださいね。

オオヤマナホの感動表現|冬の光を撮る。デュートとフォギーの撮り比べ

2019-01-10 13:00

ソフトフィルターは光が命。そのフィルター効果はそれぞれ違う表情を持っています。 効果の最も弱いデュートは光を輝度の面にポイントがあります。それに比べてフォギーは全面に広がるミスト効果の柔らかさ。あなたはどちらで冬の光を撮りたいですか?