斎藤志津代の感動表現|スマホでコケ

皆様こんにちは。

スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。


私はとてもコケが好きなのです。


日本には1700種ものコケが自生しており
コケは大きくわけて蘚類と苔類があります。

図鑑を見てもなかなか種類や名前がわからないのですが
日々のんびりと勉強中です。

今日は蘚類に属するホソバオキナゴケの写真です。

盆栽やテラリウムによく使われているとてもメジャーなコケです。


こちらがそのまま撮ったもの。


こちらが超広角撮ったもの。




コケ観察だとルーペを用いることが多いですが
クリップレンズを使うと簡単に拡大した世界が見られるのがほんとに便利。


ルーペをスマホにあてても撮影はできますが
ずれたりして少しコツがいります。

クリップレンズならその心配もありません。


こちらがおまけの魚眼。


そのままでもキレイなのですが少し光を足してみました。



からくりはこちら。



テラリウムの横にをLUME CUBE置いて撮影しています。

このLUME CUBEは光を10段階に調節できるため
小さく繊細なコケの撮影にとても便利です。

さらにコケが生育している場所は薄暗いところが
比較的多いため照明として使うと遅いシャッタースピードが防げます。

先日、立山・室堂平の洞窟の奥にあるヒカリゴケを見に行ったのですが
その時は一番明るくすることで洞窟奥のコケの撮影に役立ちました。

小型なので山歩きにも荷物になりません。


またフィールドで撮影したらご紹介していきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございます。
​​​​​​​

斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

リアルプロクリップレンズ Wスーパーセット


暑い日は室内スマホ撮影を♪
今回はスマホに超接写のクリップレンズをつけてそれぞれのレンズの比較撮影した作例のご紹介です。