斎藤志津代の感動表現|超広角・撮り比べ比較作例

皆様こんにちは。

スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。


よく
「どのクリップレンズを使ったらいいですか?」
とご質問をいただくことがとても多いです。

前回は超接写の比較作例をでしたので
本日は広角側の写真をご紹介いたします。

撮ったのは夜の勝どき橋です。
ライトアップしていてきれいです♪

こちらがそのまま撮ったもの。

こちらが広角120°。

こちらが超広角。

こちらが魚眼。

こちらは望遠7倍で橋のパーツを撮ったものです。

同じくライトアップした東京タワーです。

東京タワーは登るよりも下から見上げるのが好きなタイプです。

あの鉄骨はかなり萌えます。

こちらがそのまま撮ったもの。

こちらが広角120°。

こちらが超広角。

こちらが魚眼。

こちらは望遠7倍で鉄骨のパーツを撮ったものです。

見比べると違いがよくわかるかと思います。

好みや風景の広さに応じて使い分けると良いと思いますよ♪

最後までお読みいただきありがとうございます。​​​​​​​

斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

リアルプロクリップレンズ Wスーパーセット


暑い日は室内スマホ撮影を♪
今回はスマホに超接写のクリップレンズをつけてそれぞれのレンズの比較撮影した作例のご紹介です。