齋藤志津代の感動表現|スマホで超広角!リアルプロクリップレンズ 魚眼180°

皆様こんにちは。

スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。

今回ご紹介するのは
リアルプロクリップレンズ魚眼の作例です。


このクリップレンズを付けると通常の撮影よりも
さらに広い範囲が撮影できるようになります。


東京では桜が満開を迎え、桜吹雪が見れる地域も増えてきましたね。
今回は春らしく桜の写真のご紹介です。

都内の庭園にてそのままスマホで撮影したものがこちら。


スマホにクリップレンズ魚眼を取り付け撮影したものがこちら。


ローカル線駅付近で。
そのままスマホで撮影したものがこちら。


スマホにクリップレンズ魚眼を取り付け撮影したものがこちら。


ぐるっと180°まるまる撮影することができるのが魚眼レンズの大きな特徴ですが
このクリップレンズはさらに近寄って撮影することができます。

ちなみにクリップレンズ接写で近寄って撮影したものはこちら。



接写レンズと魚眼レンズでは同じように近寄って撮影しても
まったく違って撮れることが写真からわかりますね。

近寄れる距離は接写レンズと同じ1.5cmくらいです。

おまけ。
超広角で近寄って撮影するとこんな感じです。


同じ場所、同じ桜でもクリップレンズを変えるだけで
たくさんの撮り方があって楽しめますね。

クリップレンズをつけて桜に近づく際の注意点としては
桜の花はふんわり軽いので少しの風でも揺れてしまいます。

近づくとぶれやすいので風がおさまった時が狙い目です♪


最後までお読みいただきありがとうございました。

斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

オオヤマナホの感動表現|角形フィルターポートレート①「角形は難しくない!」

2018-08-15 13:00

角形ソフトフィルターでポートレート撮影を楽しもうシリーズ開始です。 敷居が高いイメージの角形フィルターの難しさってどこなんでしょう。 今回ははじめて角形フィルターを使う方に向けての使い方をレクチャーいたします。

光川十洋の感動表現|火星の大光跡

2018-08-15 13:00

火星が、15年ぶりに地球に大接近する日が、2018年7月31日。火星の大光跡を、街の光が錯綜する中で表現すると……、なんと賑やかな光の競演です。

⼤野裕太郎の感動表現|Velvet56 で写す夏の思い出

2018-08-15 13:00

今の時代、くっきり、はっきり写真は撮れます。そのような時代の中、こんな写真を残す意味は何でしょうか?私は⼦供の写真こそこのレンズで撮って欲しいと感じました。10 年後この写真を⾒た時、記憶に馴染むような感覚を得られると思います。はっきり残した写真よりもこのようなふわっとした写真は前後のストーリーや、その⽇の記憶を懐かしむことが出来るように私は感じました。

ひのけんの感動表現|『思い出の色を残せるレンズ』 

2018-08-15 13:00

青の綺麗なこの季節にこそ、多くの方に一度触れてみて欲しいレンズの一つでした。

酒井宏和の感動表現|第38回目は、cokin a140です。可愛い感じに仕上がるフィルターです!!

2018-08-15 13:00

スナップ写真、子供写真撮影にオススメ!!周辺が明るくなるフィルター!!