齋藤志津代の感動表現|スマホで超広角!リアルプロクリップレンズ 魚眼180°

皆様こんにちは。

スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。

今回ご紹介するのは
リアルプロクリップレンズ魚眼の作例です。


このクリップレンズを付けると通常の撮影よりも
さらに広い範囲が撮影できるようになります。


東京では桜が満開を迎え、桜吹雪が見れる地域も増えてきましたね。
今回は春らしく桜の写真のご紹介です。

都内の庭園にてそのままスマホで撮影したものがこちら。


スマホにクリップレンズ魚眼を取り付け撮影したものがこちら。


ローカル線駅付近で。
そのままスマホで撮影したものがこちら。


スマホにクリップレンズ魚眼を取り付け撮影したものがこちら。


ぐるっと180°まるまる撮影することができるのが魚眼レンズの大きな特徴ですが
このクリップレンズはさらに近寄って撮影することができます。

ちなみにクリップレンズ接写で近寄って撮影したものはこちら。



接写レンズと魚眼レンズでは同じように近寄って撮影しても
まったく違って撮れることが写真からわかりますね。

近寄れる距離は接写レンズと同じ1.5cmくらいです。

おまけ。
超広角で近寄って撮影するとこんな感じです。


同じ場所、同じ桜でもクリップレンズを変えるだけで
たくさんの撮り方があって楽しめますね。

クリップレンズをつけて桜に近づく際の注意点としては
桜の花はふんわり軽いので少しの風でも揺れてしまいます。

近づくとぶれやすいので風がおさまった時が狙い目です♪


最後までお読みいただきありがとうございました。

斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

オオヤマナホの感動表現|フォトネクスト2018ソフトフィルターセミナーより

2018-06-14 16:30

フォトネクストご来場ありがとうございました。 ソフトフィルターで人気のフィルターは? どんなフィルターがあって何が違うの?どうやって使ったら 効果的?そんな知りたい疑問の答えがこのブログにありますよ!

國政寛の感動表現|Lensbaby Velvet 56で一味違ったマクロ撮影にチャレンジ!

2018-06-14 16:30

Lensbaby Velvet 56は焦点距離56mmの標準域のレンズです。独特の滲みボケや撮影倍率1:2でのマクロ撮影機能はそのままに、標準域のレンズならではのボケ描写で少し変化のある表現を楽しめます。

齋藤千歳の感動表現|超広角レンズSAMYANG AF14mm F2.8 FEなら憧れの14mmF2.8が現実的な値段で購入でき、どこまでも続くような空を気持ちよく撮影できます

2018-06-14 16:30

なぜ、我々はF2.8という明るさに弱いのか? SAMYANG AF14mm F2.8 FEで撮影しながら、私はそれを考えました

光川十洋の感動表現|太陽の光芒で花木を飾る

2018-06-06 13:00

ファインダーで見たときには見えない、しかし、撮ってみて初めて分かる太陽の「光芒」を、花木撮影に導入してみました。花や草木をよく撮影されますが、光芒が表現されていると、飾りというアクセントがついて、写真作品として感動表現になります。