斎藤志津代の感動表現|スマホで超広角!リアルプロクリップレンズ 魚眼180°

皆様こんにちは。

スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。

今回ご紹介するのは
リアルプロクリップレンズ魚眼の作例です。


このクリップレンズを付けると通常の撮影よりも
さらに広い範囲が撮影できるようになります。


東京では桜が満開を迎え、桜吹雪が見れる地域も増えてきましたね。
今回は春らしく桜の写真のご紹介です。

都内の庭園にてそのままスマホで撮影したものがこちら。


スマホにクリップレンズ魚眼を取り付け撮影したものがこちら。


ローカル線駅付近で。
そのままスマホで撮影したものがこちら。


スマホにクリップレンズ魚眼を取り付け撮影したものがこちら。


ぐるっと180°まるまる撮影することができるのが魚眼レンズの大きな特徴ですが
このクリップレンズはさらに近寄って撮影することができます。

ちなみにクリップレンズ接写で近寄って撮影したものはこちら。



接写レンズと魚眼レンズでは同じように近寄って撮影しても
まったく違って撮れることが写真からわかりますね。

近寄れる距離は接写レンズと同じ1.5cmくらいです。

おまけ。
超広角で近寄って撮影するとこんな感じです。


同じ場所、同じ桜でもクリップレンズを変えるだけで
たくさんの撮り方があって楽しめますね。

クリップレンズをつけて桜に近づく際の注意点としては
桜の花はふんわり軽いので少しの風でも揺れてしまいます。

近づくとぶれやすいので風がおさまった時が狙い目です♪


最後までお読みいただきありがとうございました。

斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

齋藤千歳の感動表現|自分の機材がパフォーマンスを発揮する設定を把握していますか?「SAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMCをおいしい絞りで楽しむ」

2018-10-10 13:00

レンズはそれぞれに高い解像力を発揮するスイートスポットのような絞り値があります。これを把握してSAMYANG 20mm F1.8 ED AS UMCを使ってみましょう

酒井宏和の感動表現|第41回目は、ハーフNDフィルターの使いこなしです。日常を非日常に!!

2018-10-10 13:00

四角い頭を丸くする。固定概念に縛られず、色々チャレンジしましょう。

馬場亮太の感動表現|FiRIN 20mm F2 FE AFで撮る東北への旅、その3。

2018-10-10 13:00

この夏に訪れた東北でのスナップの第三弾は、家族で訪れた青森県の観光地や祭りをお届けします。

光川十洋の感動表現|オレは虫だぁ~!

2018-10-10 13:00

「大自然や動物たちの世界を全身で体感できるエンタテインメント体験」と提案されたゲームメーカーSEGAのイベントを味わってきました。子供たちが昆虫の気持ちで楽しんでいる姿を撮影しました。

水咲奈々の感動表現|「SOL 45」でイルミネーション撮影

2018-10-10 13:00

撮影時期が夏ということでまだイルミネーションの時期は遠く、それらしいムードのディスプレイを撮影してみましたが、東京でも11月中旬くらいから各所で煌びやかなイルミネーションが開催されます。ぜひ「SOL 45」と共にお出掛けしてみてください。