斎藤志津代の感動表現|スマホで接写!リアルプロクリップレンズ 接写+広角120

皆様はじめまして。


スマホ撮影の鉄人の斎藤志津代です。


今回ご紹介するのは

リアルプロクリップレンズ 接写+広角120°の

接写の作例です。



接写+広角120°は取り外し可能な2枚のレンズから構成させています。

マクロ撮影を行う時は外側のレンズを外して使います。


通常スマホで撮影する場合はだいたいの機種は

近寄れても10cmくらいのものが多いです。


この接写のクリップレンズをつけると

機種によって若干違いますがだいたい1.5cmくらいまで

被写体に近づけることができます。


今回はお花を用意しました。

近所で売っているごく一般的なフラワーアレンジメントです。



このアレンジメントのバラとガーベラに近寄ってみると

このような写真が撮れます。





倍率は6倍です。


撮影は夜、自宅マンション室内です。

今回は部屋の電気(蛍光灯)でそのまま撮影しました。

特別な環境はまったく作っていません。


雨でも雪でも室内でいつでも楽しめます。

昼間なら窓から入る光で十分です。


ポイントとしてはお花を買ったその日がおすすめです。

接写するので日数がたってしまうとお花の傷んだ部分も

クローズアップされてしまいます。


普段使いのお花、いただいた花束、ベランダのお花など

身近にお花があったらぜひチャレンジしてみてください。


一眼レフカメラやミラーレスカメラに

マクロレンズを用意するとなると

多少の気合と軍資金が必要になってきますが

このクリップレンズなら持っているスマホにつけるだけで

簡単すぐにマクロ撮影ができます。


さらにクリップレンズ本体は広角レンズを付けた状態でも

たったの6gしかありません。

持ち歩きにもとっても便利です。


私もいつもバックのポーチに入れっぱなしです♪


ひとつ注意点。


1.5cmってそうとう近いです!

食べ物などを接写する時はレンズが汚れないよう

十分お気を付けくださいね。


最後までお読みいただきありがとうございました。


斎藤志津代

斎藤志津代

東京都出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。 SE、秘書など務めた後に都内スタジオ、プロラボにて正社員として勤務後独立。 各種記念撮影10,000人以上・ロケ撮影など人物から風景まで様々な被写体を撮影。 現在は企業、旅行会社などにて講師としても活動中。 日本写真講師協会認定フォトインストラクター。

リアルプロクリップレンズ 接写+広角120°


持ち運びも軽くてスマホがあればいつでもどこでも接写が楽しめるクリップレンズ。スマホ撮影の幅が広がりお勧めです。