オオヤマナホの感動表現|芯を残した柔らか表現ならディフューザーライトでしょ!

みなさまこんにちは♪オオヤマナホです。

今回は前回のcokin角形ソフトフィルター「ディフューザーライト」の続編になります。
前回の内容はコチラからご確認くださいね。⇒

前回は①動きのある被写体(こども)②70-200mmの望遠で③露出も若干薄暗さのある(用水路の小路)という
シチュエーションでした。このあたりの状況から効果の弱い「ライト」(ディフューザーシリーズは効果の強弱で5種類)で
ありながらもピントの甘さを感じたり、すっきりとした印象が今一つな感じでした。
そこを検証してみたくて、
今回は70-200mmのレンズと愛用の35㎜単焦点を使って、モデルさん曽根圭太さん⇒と湘南の海での撮影をしてきました♪♪


撮影モードは絞り優先モード
スピードライトはなしの自然光のみ。


まずはフィルター無しの作例からみてまいりましょう。

焦点距離:88mm  絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/4000  ISO感度:125



フィルター無しの画像は鋭角的なシャープですね。
ピッとしているところはピッとしているね(・∀・)
これは前回苦戦の70-200mm。


ディフューザーライト使うとどうなるのか・・・
(はやくみたいみたい( ̄▽ ̄)


ここからディフューザーライトです!!

焦点距離:102mm  絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/3200 ISO感度:125



おっ!という感じ・・・
前回のもやっと感が薄れてきて、70-200mmでも「これは、使える!」
的な印象に変わってきましたよ!

①キリットピリッとした圭太くんの印象がほわわーんとした表情になる気がする。
②白シャツの直線的なラインに目が行くところが、背中の丸みとか袖あたりの
くしゅくしゅとしたしわとかの柔らかさのほうが気になる。
③一番目を引いたのは、前回のキッズ写真でも感じた前後のボケ感のボケ味。
これはいままで使ってきたソフトフィルターとは違う気がする。
ピント位置はシャープだけれど、少し後ろに行くとガクンと柔らかくなる印象。
これは足元の水草でとっても感じます。




焦点距離:102mm  絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/3200  ISO感度:125



ひとつ前の作例も焦点距離が100mmぐらいだったし、
今回のこれも100mm。
前回のキッズ撮影は120mmより距離があったから、100mmぐらいだと
エッジはボケずにやわらかくなるともえいますね!

焦点距離によるディフューザーライトの表現の違いも
折を見てアップしましょうか。



焦点距離102mm  絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/3200  ISO感度:125



ここでみてもらいたいのは・・・
圭太くんのスマイル!

・・・もなんですが、着ているシャツの白の光が拡散されているところですよね!
この効果はDUTEっぽい!
幻想的にも感じます。




焦点距離:110mm  絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/2500  ISO感度:125





焦点距離:90mm  絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/2500  ISO感度:125





焦点距離と光量と光の向きによっては、言われなかったら
わからないかもしれない。

わからないかもしれないけど、見る人によっては。わかる人には
違いが判る。

一枚のフィルターでも幻想的になったり、ソフトになりすぎなくも
撮れる。


DUTE・ブラックミスト・ディフューザーライトという並びになりそうな予感が大です


それが前回ちょっと悩んで考えた70-200mmでのディフューザーライトの
使用感更新です。
みなさまどう感じられますか?




それでは次に、35㎜ではディフューザーライトはどんな表現になるかみてみましょう。


焦点距離:35mm  絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/8000  ISO感度:100



焦点距離:35mm  絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/8000  ISO感度:100



焦点距離:35mm  絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/5000  ISO感度:100



焦点距離:35mm  絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/8000  ISO感度:100





焦点距離:35mm  絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/8000  ISO感度:100





焦点距離:35mm  絞り:F/1.8 シャッタースピード:1/8000  ISO感度:100




⑦~⑫までの35mmのディフューザーライトがあまりにもクリアすぎて、私何回もデータファイルを
確認しちゃいました(;^ω^)
これが「ライト」の所以だと思います。
前回も書きましたがまずはこの「ライト」でいろんなレンズで試してみるのがいいでしょう。


クリアと幻想的。
この効果をいろいろと試行錯誤しながら求める世界をゲットしちゃいましょ。
ポケモンはゲットできなくても、貴方の世界は格段に広がります!




最後に。もう一回フィルター無しの圭太くんで再確認を。





焦点距離:88mm  絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/4000  ISO感度:125






ブラックミストの次にくるのはこのディフューザーライトかも。
試してみる価値はおおいにある角形ソフトフィルターだとおもいます。

水の煌めき、
秋冬の海ポートレート。ディフューザーライトぜひお試しを♪


オオヤマナホでした~。ありがとうございました。

オオヤマナホ

オオヤマナホ

日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター NAHONEIGE(アトリエ ナホネージュ)主宰(nahoneige.com) 「愛ある」をテーマに家族写真・女性男性ポートレート撮影活動中 ナチュラルで動きのある生き生きとした表情の撮影を得意とする。 Instagram:at.nahoneige/nahoneige twitter:nahoneige Facebook:オオヤマナホ

cokin 820 ディフューザーライト


35㎜のような短い焦点距離だとクリアな柔らかさの得られる「ライト」タイプ。
焦点距離を伸ばすことで幻想的な風合いを写真表現に加えることができます。
前ボケ・後ろボケ大いに効果的につかっちゃいましょう!