水咲奈々の感動表現|ニコン Z 6+「Burnside 35」で夜のお散歩

「Burnside 35」は35mmという人の肉眼に近い焦点距離なので、ふらりとお散歩するときに持ち出すと楽しいレンズです。開放F値はF2.8で、開放付近で使用すると流れるような大きな渦巻きボケを得られる個性的なレンズなので、日中の木漏れ日溢れる公園で使いたくなるレンズではありますが、綺麗な丸ボケを簡単に作りやすいレンズでもあるので、冬の澄んだ空気のなかでのイルミネーション撮影が楽しいレンズでもあります。

ニコンZ 6 1/60秒 F2.8 ISO640
イルミネーションの丸ボケはAFよりもMFで自分が好きな大きさ、多さになるようにすると楽しいです。レンズの方向を少し動かすだけで丸ボケの数が増えたり形が変化したりするので、少しずつ角度を変えてバリエーションを楽しんでみましょう!



ニコンZ 6 1/6秒 F5.6 -0.7EV ISO12800
ついつい絞りを開けたくなるレンズですが、点光源が多いシーンでは絞ることによって光の筋が細く多くなります。クロスフィルターを忘れた!なんてときは、ぜひ絞って撮影してみましょう。三脚がないときはISO感度を上げるなりして、手ブレに注意してくださいね。




ニコンZ 6 1/60秒 F2.8 +0.3EV ISO12800
絞りを開けると構図の隅にある光源が流れるように描かれます。同じ被写体を同じ構図で撮っても、絞りひとつでぐっと表現が変わるのが楽しめるレンズです。

絞りを開けるときは少し明るくなるように露出を調整すると流れる光源が大きく、目立つようになります。絞りを絞るときは露出を暗めにすると背景の闇が黒く引き締まって、光の筋がよりはっきりと見えるようになります。これからどんどん寒くなってきますが、それと共に増えてくるイルミネーションイベント。暖かい服装でぜひお出かけください!

水咲奈々 -Nana Misaki-

水咲奈々 -Nana Misaki-

東京都出身。大学卒業後、舞台俳優として活動するがモデルとしてカメラの前に立つうちに撮る側に興味が湧き、作品を持ち込んだカメラ雑誌の出版社に入社し編集と写真を学ぶ。現在はフリーの写真家として雑誌やイベント、ニコンカレッジやLUMIXフォトスクールの写真教室など多方面で活動中。興味を持った被写体に積極的にアプローチするので撮影ジャンルは赤ちゃんから戦闘機までと幅広い。(社)日本写真家協会(JPS)会員。 公式サイト:http://misakinana.com twitter:@_NanaMisaki_ Instagram:@_nana.misaki_

Lensbaby SOL 45で自分好みの写真を撮るコツ

2019-01-16 13:01

このレンズの楽しみ方だったり、撮影するときに自分が注意している点を紹介します。Lensbabyのレンズに興味を持ってこのブログに来られたみなさんのヒントになればと思います。

國政寛の感動表現|たのしくマスター! マクロ撮影術!(1)マクロ撮影の魅力と撮影機材

2019-01-16 13:00

改めて今回から、楽しくマクロ撮影するための知識やテクニックについてお話していきます。今回はマクロの魅力と必要な機材についてです。

水咲奈々の感動表現|「Nikon Z6 + コンポーザープロⅡ スウィート80」と猫島へ

2019-01-16 13:00

Nikon Z6 + コンポーザープロⅡ スウィート80は、焦点距離80mmのティルト機能を備えたレンズです。レンズの銅鏡をくにくにと曲げることでピントの位置を移動することができます。絞り羽根枚数が12枚と多いので、滑らかなボケとグラデーションが魅力的なレンズです。今回はこのレンズの開放絞りF2.8を使用して、被写界深度を浅くして、よりドラマティックなイメージになるようにネコを撮影してきました。

オオヤマナホの感動表現|ローコントラストはブラックミストの代わりになるの?

2019-01-16 13:00

ブラックミスト手に入らないんですけど、ローコントラストかわりになりますか? そこ大事だから!みてみましょう。似てる?違う?あなたはどうおもう? 何回も写真をスクロールしながら違いをじーーーっとみてみてくださいね。

オオヤマナホの感動表現|冬の光を撮る。デュートとフォギーの撮り比べ

2019-01-10 13:00

ソフトフィルターは光が命。そのフィルター効果はそれぞれ違う表情を持っています。 効果の最も弱いデュートは光を輝度の面にポイントがあります。それに比べてフォギーは全面に広がるミスト効果の柔らかさ。あなたはどちらで冬の光を撮りたいですか?