國政寛の感動表現|やってきました桜の季節!今年もマクロで撮りましょう!

『風香』


~やさしい風に

 春の香りを想い出す~




今年もいよいよ桜の季節!あちこちで開花の声が聞こえてきましたね!

桜のガイドなどを見ると有名な名所がいっぱいあって、どこへ行こうか迷いますよね。

でも桜の名所はどこもすごい人出で撮影するのは大変。行き帰りの道中だけで疲れることも少なくありません。

今年はぜひご近所での桜のマクロ撮影にもチャレンジしてみてください!


マクロ撮影の場合、やはり花のアップが基本になります。

その時、ただ花そのものだけを見るのではなく、背景や周囲にも気を配りましょう。

さらに「どの花を撮るか」だけでなく、「どう撮るか」も意識して撮影したいものです。

皆さん、春と言えばどんなイメージを持ちますか?

明るい、あたたかい、やわらかい、そんなイメージではないでしょうか。

ぜひ、そんな春らしい雰囲気をイメージしながら撮影しましょう!



一輪の桜の周囲を、桜色で埋め尽くしました。

ピントは一番手前のしべに合わせています。

マクロで寄っているのでピントを合わせた部分以外が大きくボケて、ふんわりやわらかなイメージになっています。





花の密集の中から顔を出した一輪にスポットを当てました。

空に向かって自分をアピールしているかのようですね。





下から見上げるように撮った一枚。

背景が空の色一色では面白くないので、周囲の花も入れ込んで華やかなイメージに。

カメラ任せの露出では暗くなってしまうので、思い切ったプラス補正にします。

家へ帰ってから撮った画像を確認して、もし「ちょっと暗かったなぁ」という場合には、後からRAW現像で明るくすることも可能です。

現場でできるだけ完成させておくのが基本ですが、RAWでも撮影しておけば安心ですね。





背景は空と遠くにある桜。

桜の色といえばピンクを思い浮かべるかもしれませんが、実際には意外と白っぽい色をしています。

空と花だけで背景を構成すると、白いフラットな背景になりがち。

下部にちょっと赤色を入れることで春らしい雅な雰囲気を演出しました。





背景にどんな色を入れるかで印象も大きく変わります。

ほんのりピンクの花を背景に。

控えめながらもあたたかいぬくもりが感じられる一枚です。





こちらは花ではなく、緑の葉っぱを背景にしました。

花の色は先程の写真と同じ白ですが、白やピンクの背景とはまた違った印象になっていますね。





4人家族が並んでお花見しているかのようです。

背景の黄色は菜の花畑。

桜以外の花が周囲に咲いていれば、うまく利用して作品作りに活かしましょう。





正面だけでなく、後ろ姿も魅力的です。

花は正面から撮らないといけない、なんてことはないので、遠慮なく好きな角度から撮りましょう!

淡いピンクの背景に前ボケも活かして、ふんわりかわいいイメージに仕上げました。





キラキラ輝く木漏れ日を背景に。

元気で生き生きした印象になりましたね!




​​​​​​​


こちらも同じように背景に光を入れた一枚。

夕方の柔らかい光が、桜の花を包み込むような優しい雰囲気になっています。




今年はぜひマクロレンズで桜の撮影に挑戦してみましょう!

その際には背景の光や色を意識することを忘れないでくださいね!

國政寛(くにまさひろし)

國政寛(くにまさひろし)

1971年生まれ。大阪府在住。 マクロレンズを自在に操り、 光とボケが織りなす幻想的で不思議な世界を描き出すマクログラファー。 刻々と変化していく花たちの表情や、虫たちのコミカルな姿に 心ときめかせ、癒されながらその一瞬の表情を切り取っています。 「クニさんの花マクロ写真塾」主宰 日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター サイト:Kuniphoto Works( http://kuni-hiro.com/ )

AT-X M100 PRO D


等倍まで撮影可能なマクロレンズTOKINA AT-X M100 PRO Dで、肉眼では見ることのできない不思議で幻想的なマクロの世界が体感できます!