國政寛の感動表現|色鮮やかなコスモスをマクロレンズで個性的に撮ろう!

『まなざし』

~君だけを
 いつも見つめてる~

秋もぐっと深まってきて、いよいよコスモスが咲き始める季節。
赤や黄色、白、オレンジ、ピンク……。色も形も様々で個性的な花が多く、バラエティに富んでいて楽しいですね。
今回はそんな華やかなコスモスたちをマクロレンズで個性的に撮影してみましょう!

コスモスの花をシンプルに横から撮影しました。
お月さまのような円ボケは、背景の水面に反射した太陽の光です。


コスモスの花びら、いろいろな形があって魅力的ですね。
くるっと丸まった花びらを見つけました。
コスモスが照れてポーズを取っているようです( ^ ^ )


一輪の花の背後からにょきっと現れた蕾。
まるでお母さんの背中から顔を出した子供のようです。
様々な色のコスモスを背景ボケとして散りばめて、華やかな雰囲気を演出しました。

咲いた花ばかりに目が行きがちですが、かわいい蕾ちゃんもぜひ撮ってあげてくださいね!



二枚の写真、同じようでちょっと違います。
ピントを合わせる位置を変えることで、異なるイメージにしてみました。
一枚目は花びらのエッジにピントを合わせています。
二枚目は中心のしべにピントを合わせ、花全体の印象を強くしています。


花びらのカーブとワインレッドの縁取りが面白いですね。
その部分を強調するため花びらのふちにピントを合わせて、他の部分は開放絞りでふんわりボカしています。


雨の日はぜひ、コスモス撮影にでかけましょう!
花びらや茎に滴の宝石をいっぱいぶら下げたコスモスに出合えますよ。

ゆるやかにカーブした茎に滴ちゃんがいっぱい並んでいました。
滴の中には、背後にあるお花畑が写り込んでいますね。


こちらも茎についた滴。
手前に花を大きく入れながらも、花はボカして脇役に。
主役はあくまで滴です。

ぜひ皆さんも、鮮やかに咲く様々なコスモスを個性的に撮ってみてください!

國政寛(くにまさひろし)

國政寛(くにまさひろし)

1971年生まれ。大阪府在住。 マクロレンズを自在に操り、 光とボケが織りなす幻想的で不思議な世界を描き出すマクログラファー。 刻々と変化していく花たちの表情や、虫たちのコミカルな姿に 心ときめかせ、癒されながらその一瞬の表情を切り取っています。 「クニさんの花マクロ写真塾」主宰 日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター サイト:Kuniphoto Works( http://kuni-hiro.com/ )

AT-X M100 PRO D


等倍まで撮影可能なマクロレンズTOKINA AT-X M100 PRO Dで、肉眼では見ることのできない不思議で幻想的なマクロの世界が体感できます!