國政寛の感動表現|マクロレンズで一味ちがうひまわりを撮影しよう!

『とけてゆく』

~暑くて
 暑すぎて
 とろけちゃいそう~

暑中お見舞い申し上げます!

梅雨も明けて、暑い日が続きますね~。
特に今年はいつもよりかなり暑さが厳しい気がします。
こんな暑さではなかなか撮影にも出られません。

でも、この時期しか撮れない花はやっぱり撮りに行きたいですよね。
というわけで、夏の花といえばコレ! ひまわりのお話です。

トップに掲載した画像。
群生に咲く手前のひまわりを前ボケにして、後ろのひまわりにピントを合わせました。
うだるような暑さに包まれている感じを表現したものです。


こちらも手前のひまわりを前ボケにして、背後にあるひまわりの花びらにピントを合わせています。
ここでのポイント。実は奥の花びらに一旦ピントを合わせた後、少しピントをずらしています。
いわゆるアウトフォーカスと言われる表現です。
暑さで意識朦朧としているような、ふわふわした感じを演出しました。


花びらのカーブの重なりとグラデーションに惹かれたので、その部分だけにググっと寄ってみました。
ぱっと見ただけでは、ひまわりとわからないかもしれません。
でも大丈夫です。何の花かわかるように撮らないといけないということはないんです。
安心して思い切り寄って、心惹かれた部分だけを切り取ってみてください。


真横から見たひまわり。
手前の花びらが前ボケとなって、伸びたひげが飛び出したように見えますね。
ちょっと角度を変えることで、いつもとは一味違った写真を撮ることができますよ。


花に寄ってよ~く目を凝らして見てください。
丸い滴になっている花の蜜がどこかに隠れているかも!?


花に付いた滴に光が当たると、光を反射して円ボケになります。
角度をいろいろ変えて、虹色の円ボケを見つけましょう!


めしべが出ていたら、斜め横の方からグッと近づいてみましょう。
小さなハートがかわいく並んでいる姿を探してみてください。


​​​​​​​これから空へ向かって伸びていく子。
背景に円ボケを入れ、ちょっと傾けることでのびのびとした躍動感を出しました。

ひまわりもいろいろな角度から撮ってみると、普段とは違った姿が見えてきます。
ぜひいままでとは一味違う作品をモノにしてみてください!
ただ、夢中で撮っていて熱中症にならないように注意しましょう。
水分や塩分を補給して、日陰で休憩しながら撮影を楽しんでくださいね。

國政寛(くにまさひろし)

國政寛(くにまさひろし)

1971年生まれ。大阪府在住。 マクロレンズを自在に操り、 光とボケが織りなす幻想的で不思議な世界を描き出すマクログラファー。 刻々と変化していく花たちの表情や、虫たちのコミカルな姿に 心ときめかせ、癒されながらその一瞬の表情を切り取っています。 「クニさんの花マクロ写真塾」主宰 日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター サイト:Kuniphoto Works( http://kuni-hiro.com/ )

AT-X M100 PRO D


等倍まで撮影可能なマクロレンズTOKINA AT-X M100 PRO Dで、肉眼では見ることのできない不思議で幻想的なマクロの世界が体感できます!