「國政寛の感動表現|Lensbaby Velvet 85でふんわり写真を試してみよう!」

『やさしい時間』

~心をそっと
 包み込んでくれるような~

最近巷で人気のLensbaby。
中でもVelvet(ベルベット)シリーズは光が滲むような描写が特徴的なソフトフォーカスレンズです。
そしてこのVelvet(ベルベット)シリーズ、撮影倍率1:2でのマクロ撮影も可能なのです。

今回は、焦点距離85mmの「Velvet85」を使用して、どのような写真が撮れるか試してみました。

開放絞り1.8のレンズですが、少し絞ってf2で撮影しています。
チューリップの花びらのライン、特にお尻の白い部分が大きく滲むようにボケていますね。
このボケ味こそが、Velvet(ベルベット)シリーズの特徴なんです。

それでは、絞りをf8に変えて撮影してみましょう。

絞っているのでピントの合う範囲(被写界深度)の違いはありますが、輪郭の部分の滲むようなボケがなくなりました。
このように「Velvet85」では、絞り開放付近にした場合には大きく滲むようにボケますが、絞っていくことで滲みがなくなり、フィルム時代のレンズのようなしっかりとした描写に変わっていくんです。

次に、「Velvet85」と通常のマクロレンズ、トキナー「AT-X M100 PRO D」で撮影したものを比較してみましょう。
1枚目が「Velvet85」、2枚目が「AT-X M100 PRO D」です。

「Velvet85」の方はふんわりと柔らかいボケに画面全体が包まれて、幻想的な雰囲気になりました。
一方、「AT-X M100 PRO D」の方はシャープでコントラストの高い、カッチリとした写りになっています。
この日は晴れていたため「AT-X M100 PRO D」で撮影した写真は影が出て画面が煩雑な印象になっていますが、「Velvet85」の方はボケが大きく滲むことでコントラストが弱まり、影も目立たなくなっています。

背景に木漏れ日の円ボケを配置しました。
円ボケの輪郭部分にうっすらと色が付いて、ちょっと立体的な感じのボケになっています。
正円ではありませんが、ふんわり柔らかくボケているので、目障りな感じはしません。

​​​​​​​

こちらも木漏れ日をバックに撮影したものです。
光に当たった白いシャガの花が大きくボケて滲んでいますね。
「Velvet85」では、光が当たったハイライト部分がより大きく滲むんです。

このように「Velvet85」で大きく滲むボケを撮りたい場合は、

(1)絞りを開放値付近で撮影する
(2)光が当たった明るい場所にある被写体を主役にする

ことを意識するといいかなと思います。

さて、最初にも書いたように、「Velvet85」は撮影倍率1:2でのマクロ撮影も可能です。
次回は「Velvet85」でのマクロ撮影を試してみたいと思います!

國政寛(くにまさひろし)

國政寛(くにまさひろし)

1971年生まれ。大阪府在住。 マクロレンズを自在に操り、 光とボケが織りなす幻想的で不思議な世界を描き出すマクログラファー。 刻々と変化していく花たちの表情や、虫たちのコミカルな姿に 心ときめかせ、癒されながらその一瞬の表情を切り取っています。 「クニさんの花マクロ写真塾」主宰 日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター サイト:Kuniphoto Works( http://kuni-hiro.com/ )

Velvet85


絞り開放付近で撮影するとふわっと滲んだようなボケが楽しめるソフトフォーカスレンズ。1/2倍までの接写撮影が可能なので、ソフトなマクロレンズとしても使える素敵レンズです!

この内容で送信します。よろしいですか?