國政寛の感動表現|桜以外にもあるんです!いろいろな春の花をマクロで撮ろう!

『甘いひととき』

~もじもじ二人の
 きらきらな時間~

そろそろあちこちで桜が満開というニュースも聞こえるようになりましたね。
この時期はいつも桜を撮るのに大忙しで、桜以外に目が行かなくなってしまいます。
でも、桜以外にも春の花がどんどん咲いているんですよ。

今回は、そんな桜の陰に隠れがちな花たちにスポットを当ててみたいと思います。

トップに掲載した写真。いきなり花ではありませんが(笑)、つくしです。
どこか遠くへ行かなくても、植物園などでなくても、普段通る道端にひっそり咲いています。
気にしていないとまったく目に入らないものですが、よ~く注意してみると、あっちにもこっちにも元気に顔を出しているのに気づくかと思います。
そんな慎ましいつくしを見つけたら、ぜひ撮ってあげてください!

お次はブルーデイジー。くるんと丸まった花びらが特徴的です。
ちょうどその丸まった部分に水滴が乗っていました。
背景をピンク色の花で埋め尽くして、春らしいムードにしてみました。

こちらもブルーデイジーですが、今度は真横から撮りました。
背景にある花のピンク色や黄色、緑色が春の明るい雰囲気を感じさせますね。
さらに、花や葉に付いた水滴が円ボケとなって、春の軽やかさを一層引き立ててくれました。

こちらはマーガレット。
水やりした後の水滴が花びらの上に残っていました。
真ん丸の水滴の中に、後ろにある花が写り込んでいます。
このような場合、できる限り綺麗な玉の形をした滴を探したいものです。

桜と並んでもっとも有名な春の花といえば何を思い浮かべますか?
やはりチューリップという方が多いのではないかと思います。

チューリップの花びらについた滴が印象的でした。
後ろにあるチューリップが逆さまに写り込んでいます。
このように、滴の中に写り込んだ花は上下逆さまになるんです。

チューリップの群生の中から、奥に咲く一輪に焦点を当てて、手前の花を前ボケにしました。
柔らかくて、ちょっと幻想的な雰囲気が感じられませんか?
こういうふわふわっとした感じ、春にぴったりですよね!

一見すると何を撮ったかわからないかもしれませんね。
これもチューリップなんです。
花びらが重なる部分に注目して、その部分だけを切り撮っています。

こちらはムスカリ。
小さくてかわいい花です。
奥のムスカリに付いた滴に光が当たって、円ボケがキラキラ輝きました。
春の穏やかな風に吹かれて鳴り響くベルのように思えました。

植物園では、チューリップの周囲にムスカリが咲いていることもあります。
そんな場所があったら、ぜひチューリップと絡めて撮ってみましょう!

色とりどりのチューリップを贅沢に背景のボケに使って、手前に咲くムスカリを撮りました。
そのムスカリも、飛び出した一輪にだけ焦点を当てて他の花を前ボケに利用しています。

今度は逆に、手前のムスカリを大きな前ボケにして、後ろにあるチューリップを主役にしています。
ムスカリの陰に隠れて何やらひそひそ話をしているようですね。

一面に黄色の絨毯が広がる菜の花畑、なんだか元気が出そうですね。
そんな菜の花と桜が近くに咲いている場所があれば、ぜひコラボさせて撮ってみましょう!

菜の花畑をバックに手前に咲く桜を撮りました。
少し離れたところから面白い枝ぶりの部分を切り取っています。
カメラと主役の桜までの距離が少し遠いので背景も完全にボケてしまわず、菜の花だとわかるように写っています。

桜撮影に忙しい春ですが、ぜひ他の花たちにも目を向けていろいろな作品をモノにしてくださいね!
 

國政寛(くにまさひろし)

國政寛(くにまさひろし)

1971年生まれ。大阪府在住。 マクロレンズを自在に操り、 光とボケが織りなす幻想的で不思議な世界を描き出すマクログラファー。 刻々と変化していく花たちの表情や、虫たちのコミカルな姿に 心ときめかせ、癒されながらその一瞬の表情を切り取っています。 「クニさんの花マクロ写真塾」主宰 日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター サイト:Kuniphoto Works( http://kuni-hiro.com/ )

AT-X M100 PRO D


等倍まで撮影可能なマクロレンズTOKINA AT-X M100 PRO Dで、肉眼では見ることのできない不思議で幻想的なマクロの世界が体感できます!

この内容で送信します。よろしいですか?