浦口宏俊の感動表現|サードパーティという選択肢

前回の記事では、Tokina AT-X 24-70mm F2.8 PRO がズームレンズであることを意識しそれぞれの画角での撮影を行なった。非常に優秀なレンズであり、純正レンズでは無くサードパーティ製のレンズを購入の選択肢に入れることは、目的の意図によっては十分に有りえるのではないだろうかと感じた。
そんな魅力的なレンズであると感じたTokina AT-X 24-70mm F2.8 PROを今回の記事では、選メリットとデメリットを2点ずつ紹介する。レンズ使用シュチュエーションとしては、空が焼けた代官山を舞台にモデルさんとポートレート撮影を行なった。

 

《メリット》
1.ハイコントラストな色乗りと描写力
Tokina AT-Xは、ブルーを推しとしたレンズであり、これは紛れもなく間違いがない。ただブルーが綺麗なだけではなく、全体的にハイコントラストであり色乗りが良い印象を受けた。筆者としてはオレンジの発色が特に好みでああった。また、前回の撮影の際に感じられたのがこのレンズの描写力の真骨頂は、一段絞ったf4.0以降から発揮されるのではないかということである。1枚目の50mm f4.0で撮影した写真では、中央から隅々までキレがよく周辺減光なども見られない。


◎使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 

焦点距離:50mm 絞り:F/4.0 シャッタースピード:1/500 ISO:100

 

2.純正24-70mm F2.8との価格差
純正大三元のレンズは、やはり正直に言って高いがそれだけの価格である働きをしてくれるのも事実である。だがしかし、予算の関係で24-70mm F2.8のレンズを諦めてしまうのか。そんな時に購入の候補にあげていただきたいのがこのレンズである。価格は純正レンズの1/2いや1/3程度で手に入るのではないだろうか。SONYの売りである瞳AFやフォーカスモードに制限は出るが、必ずしも必要な機能ではない。
撮影自体は楽になるかもしれないが、そのような機能が制限されてもAT-Xとなら良い写真は撮れる。

 


◎使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 

焦点距離:50mm 絞り:F/4.0 シャッタースピード:1/500 ISO:100
 

《デメリット》
3.重量感
これはどの大三元レンズでも言えることであるが、Tokina AT-X 24-70mm F2.8 PROもやはり少々重い。この重さによってf2.8通しでありながらもこの描写力を引き出せていること考えるとトレードオフであると妥協をするしかない点である。良い写真の為には多少の我慢が付き物なのかもしれない。

◎使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 

焦点距離:35mm 絞り:F/4.0 シャッタースピード:1/250 ISO:160

4.AFの速度
AFの速度についてはやや不満であった。しかし、AF速度に満足がいかなかったのは、そもそも私の使用環境が良くないと言える。

 

[前回・今回の使用環境]
SONY α7II+SIGMA MC-11マウントアダプタ—+Tokina AT-X 24-70mm F2.8 PRO
SIGMA MC-11は、本来SIGMA ArtレンズのCanonシリーズにAF性能を持たせたままSONY αシリーズで使用可能とさせるアダプターである。つまりこの環境は公式では認められたものではない。むしろ撮影が出来る事を称えなければいけない環境である。数日間使用を試みたが何の問題もなく撮影自体はできた。またAFが遅いとは言いつつも、以下の写真のような中央の被写体にそこまで動きがない状態での連写で
あれば、AFは迷うことはなく追い続けることが可能であった。

 

◎使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 

焦点距離:35mm 絞り:F/4.0 シャッタースピード:1/250 ISO:640

今回、Tokina AT-X 24-70mm F2.8 PROのレビューを行なったことによりレンズ一つ一つにどのような特性があるのかとても気になった。自分が知らないだけであって、好みのレンズがこの世界はまだまだある気がした。これぞレンズ沼である……。最後に、夕焼けのシルエット写真で閉めさせていただく。やはりブルーと
オレンジが綺麗なとても魅力的なレンズであった。

 


◎使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 

焦点距離:50mm 絞り:F/4.0 シャッタースピード:1/4000 ISO:640
 

【総評】
どんなレンズでも一長一短であり、100%自分好みのレンズというものはないはずである。そんな中で純正レンズが正義である、一択であると豪語してしまうことは勿体ないのではないだろうか。もしこの記事に辿り着き、サードパーティ製レンズとしてTokina AT-X 24-70mm F2.8 PROを購入検討している方は、使用用途に合うのであればCanonユーザー、Nikonユーザーには是非お勧めをしたい。 SONY αユーザーに関しては、非公式である為完全に自己責任ではあるが一度手に取ってみてはいかがであろうか。

浦口宏俊・ウラ

浦口宏俊・ウラ

Lovegraph関東カメラマン。 現在はフリーランスのカメラマンとしてロケーション撮影やライブ撮影を中心に活動中。 Twitter:https://twitter.com/ura_richard Instagram: https://www.instagram.com/ura_richard

AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


標準レンズの王道24-70mm。伝統のトキナーブルーが青をいっそうはえさせ、素晴らしい描写力を持つレンズ。この機会に一本持ってみてはいかがでしょうか?

この内容で送信します。よろしいですか?