おりょの感動表現|tokina AT-X24-70 F2.8 PRO FXで夕方のポートレート

前回はいろんな場面でのレンズの汎用性について書いたが、今回は一つの場面だけに絞ってみた。
今回初めて単焦点レンズを使うことなく、このTokina AT-X 24-70mm F2.8 PRO FXだけで撮影した。

いろんな焦点距離で撮影してみた。

まずはスナップなどによく使われる、35mmでの撮影である。

使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 
焦点距離:35mm  絞り:F/2.8  シャッタースピード:1/100 ISO:1000

自分にとってはかなり広めな焦点距離である。
普段、35mmでポートレートを撮ることはある。
35mmは背景も入るし、人物の歪みもない。絞りは開放で撮っているが周辺減光も気にならない。そして前回の記事で書いたように、周辺の描写もさすがである。色ノリもしっとりとしていて、また立体感が演出されている。

次は50mmである。

使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 
焦点距離:50mm  絞り:F/2.8  シャッタースピード:1/100 ISO:1000

50mmは自分自身一番使いやすい焦点距離だと思う。まず、この写真を見てわかる通り背景の玉ボケの形が綺麗になっている。普段使っているレンズだと玉ボケが歪んだりするが、綺麗な丸で表現されている。そして何より背景の圧縮がちょうど良い。そして周辺減光の度合いは、被写体に視線誘導をさせるのに最適なのではないだろうか。

そして次は単焦点レンズではなかなかみることのない焦点距離、60mmである。


使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 
焦点距離:60mm  絞り:F/2.8  シャッタースピード:1/160 ISO:1000


初めて使ってみたが、60mmこそ新感覚だ。ズームレンズだからこそ出せる焦点距離、背景もそれなりに入れつつ、ちゃんと圧縮する。ただこの焦点距離になると開放では背景がボケすぎるため、適度に絞ることが必要だと思った。

最後に、最長焦点距離70mmである。

使用レンズ:AT-X 24-70mm F2.8 PRO FX 
焦点距離:70mm  絞り:F/2.8  シャッタースピード:1/160 ISO:640

さすがの描写力である。中心部分、周辺部分ともに文句なしである。玉ボケも綺麗だ。ピント面の
描写も面として綺麗である。 またピントが合っている面からボケに行くグラデーションも綺麗だ。

今回は一ヶ月だけのレビューだったが、私自身かなりの頻度でこのレンズを使用していた。Lovegraphの撮影でもお世話になった。今回このレンズを試させてもらうことによって、ズームレンズについての考えを見直すことができた。より撮りに行くようになった。このレンズ一本持っているだけで、より写真が楽しくなると思う。レンズに迷っている人は一度試してみてほしい。


 

おりょ

おりょ

Lovegraph東海カメラマン。 大学では設置芸術であるインスタレーションを専攻。 写真を使った作品を日々制作している。 Twitter : https://twitter.com/11919066 Instagram : https://www.instagram.com/ryo.izumida/

AT-X 24-70 F2.8 PRO FX


標準レンズの王道24-70mm。伝統のトキナーブルーが青をいっそうはえさせ、素晴らしい描写力を持つレンズ。この機会に一本持ってみてはいかがでしょうか?