mokkunの感動表現|レンズレビュー第二弾 Lensbaby Velvet56で作品撮り編

こんにちは!沖縄で活動していますフォトグラファーのmokkunです。
第二弾は私がいつもお世話になっているモデルさんのSena&Ayamatsuにもご協力いただき、 Velvet56で作品撮りしてみました!



SonyA7RIII/Velvet56 F1.6/Cononmarki6t 1灯

今回はレンタルスペースを使っての撮影。
前回の野外撮影から環境を変えて室内撮りでVelvetを使用してみました。

今回使用する機材はSonyA7RIII,A6500にSigma MC-11をかませてVelvet56を使用。ストロボ関連は愛用しているモノブロックストロボCononmarki6Tを持ち込みました。

室内撮影においてF1.6と明るいレンズであることも嬉しいポイントですよね!

レタッチでは引き出せないVelvet56の魅力を盛りこんだ作品作りが今回のテーマになります。
1枚目の写真は逆光で撮影しストロボで影をさりげなく持ち上げております。本当に光の表現が楽しくなるレンズです!



sonya7RIII×velvet56 f1.6 Cononmark i6T
焦点距離56mm 絞り:F1.6 シャッタースピード1/125 iso500

Model:Ayamatsu

Velvet56特有の美しいボケ、滲み、ソフト効果、色調の段階的変化をふまえ私の脳内イメージをそのまま再現して見ました。

ソフトフィルターが大好きで今まで様々なソフトフィルターを使用し、作品撮りをしてきました。

が!しかし!このレンズはソフトフィルターや後処理のレタッチで生み出すことの出来ない「The Velvet」としか言いようがない美しいメルヘンな世界へ連れて行ってくれます!

モノブロックストロボを1灯壁バウンスさせて光をまわしているのですが私が想像した以上に柔らかくふんわりとした印象。背景の流れを考え、色彩を意識した背景選択も1つの表現として楽しいポイントであったりします。

前レビューでおわかりの通りVelvetの開放F1.6はまさにじゃじゃ馬で、描写が環境光の影響を強くうけるため、非常に扱いが難しい値です。しかし嬉しい発見。室内撮りは光が自分で作りこめるため、描写を自在にコントロール出来ることがわかりました。(もはや虜でしかない)

とはいえF1.6は非常にソフト効果が強く、ガチピンしても非常に甘く見えてしまうので相当シビアで確実なピント合わせが必要になってきますね。(Sony機の方はピント拡大をカスタムでお好きな箇所に割り当ててあげると快適にピント合わせできるのでおすすめです!)



sonya6500×velvet56 f1.6 Cononmark i6T×2
焦点距離56mm 絞り:F5.6 シャッタースピード1/125 iso400

Model:Sena

さて皆様夏といえば夏祭りですね!
浴衣ポートレートが楽しいシーズンに突入しました。

モデルのSenaさんに協力のもとVelvetで浴衣ポートレートチャレンジ!

続いてはa6500にレンズを装着し、ストロボを2灯使った日中シンクロ。(ワクワク!)

Velvet56はa6500ではApsc機のため焦点距離が約85mmで中望遠域で使用できるのが魅力的!

まずは「Velvet映え」する背景選び。
赤、黄、橙、緑と面白い背景情報が目にとびこんできたのでモデルさんに中心に立ってもらい背景処理してみました!ストロボはモデルさんの背後に1灯、右斜め45度から1灯。ここでは背景の情報をある程度見せたいので絞りはF5.6を選択。

さ、最高です。F5.6まで絞りこんでのストロボ使用でパキッとキレのあるシャープな描写に、 85mmの圧縮効果でモデルもいい感じに浮き出ております。
A7RIIIでもこの焦点距離で使用したいのでVelvet85mmをもう一本欲しくなりました。



②sonya6500×velvet56 f1.6 Cononmark i6T×1
焦点距離56mm 絞り:F2 シャッタースピード1/320 iso100

続きましてはVelvet56の真骨頂。絞りF2で撮影。

この子、絞りでこんなにも変貌しちゃうのです!(わかってはいても毎度感動‥)
この振り幅にモデルのSenaさんも驚きの様子。

私はポートレートで女性を撮る際に一番にコミュニケーションと信頼関係に重点をおいております。

現場のリアルな話でいうといくらMFで慣れている人でもAFレンズよりピント合わせに時間を食います。(そこで生まれる無言の間や会話していても撮影リズムってありますよね‥)
そこでまずVelvetの絞り開放のフワフワ写真を1枚撮影しモデルさんに見せてあげて下さい!


「このレンズはピント合わせに少し時間がかかるけどすごく綺麗に撮れるんだよ!ワクワクするよね!」
モデルのSenaさん
「こんなに柔らかくフワフワに撮れるんですね!魔法みたいです!頑張ります!」
という具合に現場でのお互いのテンションやモチベーションを一気にあげてくれます。


Velvetはピント合わせにかかる2人のわずかな間さえも楽しいものにしてくれました。

その後も丁寧に1枚1枚写真を確認しながら盛り上がり、はかどるはかどる。

Velvetは写真だけでなく現場の雰囲気まで最高に作り上げてくれる最高のマジックレンズであることがわかりました!


総評
私の使用してみての感想で言いますと野外でのポートレート撮影は開放域はF2~2.8、もう少し絞りこんだF4~5.6で自然と撮影していることが多く美味しい値である印象をもちました。


またF1.6使用時はわずかな光の変化でもソフト効果や滲みの出方が大きく変化。さらに非常に浅いピンでの撮影になります。(しかしビシッときまれば最高)
正直なところ私は環境光の変化が激しい日中の撮影においては扱いが難しく使用することはほとんどなくなっていました。

しかし今回の室内での撮影において印象がガラッと変わりました。帰宅して気付いたのですがこの日撮影した写真の全てがF1.6撮影。

気づかぬうちにVelvetの開放値の描写にどっぷり惚れ込んでいたのです。

Velvetは光を作りこむことによってソフト効果、滲みの表れ方をコントロールできるワクワクがとまらないマジックレンズであるということがわかりました。

その表現はこのレンズを手にとるあなたのイメージ次第で無限に広がることでしょう!(創作意欲が湧き出て止まりません)

1人でも多くにこのレンズを手にとってみて欲しいです!
私自身このVelvet56に出会い、毎日がゆるフワキラキラになりましたよ!(ゆるフワは元々ですが‥笑)

長くなりましたが少しでもレンズの魅力が伝わっていただけたなら嬉しいです!

是非あなたもVelvetのあるカメラライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?

お付き合いありがとうございました!

名嘉 元希〜Mokkun〜

名嘉 元希〜Mokkun〜

1987年生まれ沖繩県出身のフォトグラファー。沖縄の美しいロケーションを生かしたポートレート撮影を軸にウェディング、カップル、家族写真など幅広くマルチに活動している。 インスタグラム http://instagram.com/film_art_laulea


花やポートレートを撮影するのに1本はぜひ持っておきたいレンズ。このレンズを持っていれば今までとはまた違う写真が撮れることが間違いない。