伊藤宏美の感動表現|釧網本線の旅~2~ おまけ編☆駅弁大会の巻☆

釧路~標茶までを楽しんだあとは、斜里方面に向かいました。

途中で気になるところを寄り道しながら向かうのですが、

一旦、通り過ぎようとした南弟子屈駅の小さな駅にお日様が丁度沈んでいくところを見かけ、急いで戻りました。

ほんの数日、数分違っていたら、出会えなかったかもしれないなあと思う景色に

とても貴重な日に思えました。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:14mm 絞り:F/16 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:100


AT-X 14-20 F2 PRO DXは、夕景のグラデーションを見事に再現してくれました。

また、9枚羽根の円形絞りなので光条も美しく表現でき、シルエットの木の輪郭もシャープに描写してくれます。


途中の川湯温泉駅では、ビーフシチューを食べる予定で向かっていたのですが、

臨時休業でお休みだったので、楽しみはお預けになりました。

また来る口実になるので、まあ、良いのです。

その代わり、駅スナップを魚眼レンズで楽しみました。


◎使用レンズ:AT-X 107 DX Fisheye
焦点距離:10mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:2000


◎使用レンズ:AT-X 107 DX Fisheye
焦点距離:17mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:3200

魚眼レンズなら、寄れるので、黄色い線の内側からも安全に撮影できます。

小型で軽量なので、ちょっとした独特な画作りも楽しめます。

また、解像力にも優れています。


この日は、そのまま知床斜里まで向かい終わり。

翌日は、ころころ変わるお天気に悩まされながら、雲行きを見ながら動き

緑駅まで向かってみました。


静かな駅ですが、少年やおばあちゃんが列車ででかけていきます。

のどかで大好きなのですが、昔は貨物のホームがあったり、蒸気機関車が走っている時は転車台があったそうで、

その時代も見てみたかったです。

そんなことを思うと、

緑駅から、峠を越えて川湯温泉へ向かう列車を想像して、

列車に乗って、鉄路を戻りたくもなります。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/1600秒 ISO感度:200

お天気がころころ変わるので、動物の足跡をさがしたり、雪をけりながら走る列車を撮影。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/10 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:400


それでも、綺麗な斜里岳と素敵な空も撮影する事ができました。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:100


AT-X 14-20 F2 PRO DXは、フィルターなしで、ここまで「青」を表現できるのはトキナー・ブルーのおかげです。

解像力に優れているので、列車が通ったあとに舞う雪の細かさも繊細に表現してくれました。


~おまけ編~

今回は、先日行われた「駅弁大会」を御紹介したいと思います。

今回はフルサイズのカメラに AT-X 17-35 F4 PRO FX をつけて楽しみました。


駅弁は大好きですが、列車の中で食べたいので、あまり自宅に持ち帰ることはありませんでした。

駅弁大会に行って来た方の話を聞いていると、どうしても我慢ならなくなりました。

しかも2個だけにするはずが、5個も買ってしまいました。

◎使用レンズ:AT-X 17-35 F PRO FX
焦点距離:35mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1600

◎使用レンズ:AT-X 17-35 F PRO FX
焦点距離:31mm 絞り:F/5.6 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1600


お気に入りは、山陰本線 鳥取駅の鬼太郎丼。

出汁のしみたご飯に、ほぐし身。たっぷり実の入ったカニ。お漬物までピリッとしていて、おいしい。可愛い鬼太郎のおわん付き。

◎使用レンズ:AT-X 17-35 F PRO FX
焦点距離:35mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:1600


ヘッドマーク弁当「とき」

これは、集めないように。と決めているのに、また買ってしまいました。

「とき」なので新潟のおいしいものが詰まっています。牛肉ももちろんなのですが、なにより、舞茸が絶品でした。

しいたけの煮物もかなりおいしかったです。きのこ好きの私にはたまらないです。


◎使用レンズ:AT-X 17-35 F PRO FX
焦点距離:35mm 絞り:F/11 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:1600


山陽本線西明石駅 ひっぱりだこご飯

これは、「いろいろなタイプが出ているけれど、マグカップ型だと呑みにくいし、蓋つきよりも、普通のかな。」と、

話に聞いていたのですが、

ゴジラバージョンに一目ぼれして、ゴジラバージョン。

蛸がゴジラの尻尾に見立ててあるのでしょうか。凄くおいしかった。

中から出てくるウズラ卵を発見したときの喜びも。


◎使用レンズ:AT-X 17-35 F PRO FX
焦点距離:35mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1600

他にも、「神戸のすきやきとステーキ弁当」「ドラえもん有田焼カレー」などを買いすぎましたが、大事に一粒も残さずおいしくいただきました。

やはり、列車の中で旅を楽しみながら食べたい駅弁ですが、年に何回かは、

家で駅弁大会がしたいです。


AT-X17-35 F4 PRO FXは、フルサイズ用だが、小型軽量なので、長時間の手持ち撮影も楽に楽しめて、細かくアングルを変えたいテーブルフォトにはとても助かります。

ピントがシビアな近接撮影には、ワンタッチフォーカスクラッチがマニュアルフォーカスに切り替えやすく、とても便利です。

伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

Lensbaby SOL 45で録れる動画の楽しみ方

2019-04-24 13:15

私の使用しているソニー社製フルサイズミラーレスカメラのα9はあまり動画撮影向きのカメラではないと言われますが、撮影後のカラーグレーディングを必要とせず、24fpsで4Kの動画を撮影できれば良い自分にとっては必要十分以上。ボケ味の多い画も面白いため、個人的に気に入っています。

馬場亮太の感動表現|原点回帰:FiRIN 20mm F2 FE AF+SONY α9で撮る日常。

2019-04-24 13:15

次回で40回目を迎えるFiRINによる写真ブログ、改めて第一回目で使ったSONY α9にFiRIN 20mm F2 FE AFを組み合わせた日常スナップをお届けします。

齋藤千歳の感動表現|ぼかしてよし、暗くてもよし、寄ってよし、SAMYANG 85mm F1.8 ED UMC CSはあらゆるシーンで活躍します

2019-04-24 13:15

絞り開放で気を付けるのは、ぼけすぎることだけSAMYANG 85mm F1.8 ED UMC CSは撮影の幅を広げてくれます

齋藤千歳の感動表現|星景・星撮影の新定番「スターリーナイト」フィルターと光の波長についてはもう一度考えてみました

2019-04-24 13:15

2019年4月19日に発売された星景写真の新定番フィルター「スターリーナイト」と光の波長について考えました

山口勝廣の感動表現|opera 50mmF1.4 FF で撮る春・平成最後の桜景

2019-04-24 13:14

春・桜の季節。「古来から日本人にとって桜は特別に思いいれの深い花である」と小生は考えています。在原業平は「世の中にたえて桜の名かりせば春の心はのどけからまし」と詠み、越後の良寛は桜への哀切を「散る桜残る桜も散る桜」と詠んでいます。厳しく冷たい季節から光が野に満ち小鳥たちの囀りが何処からともなく聞こえ、そこはかとなく心が浮き立つ季節に感じます。