伊藤宏美の感動表現|釧網本線の旅~1~

街にまだお正月の余韻が残る中、釧網本線に行ってきました。

釧網本線は東釧路駅と網走駅を繋いでいます。

毎年、蒸気機関車が見たくて、2月に必ず訪れるのですが、

雪のまだ少ない1月のこの時期に行くのは初めてでした。

運行本数が少ないので、羽田を朝早くでて、釧路空港に着いた日は、お昼からの撮影になります。

初日はほとんど線見をして、おいしいものを食べてゆっくり過ごします。


この日は、晴れていたので、夕方に出向いたのは、夕焼けの赤みが残りそうな場所。

お日様が沈むと一気に寒くなりますが、それよりも、列車がやってきたときに、赤みが残ってくれるか

ドキドキします。

雪の上には動物の足跡がいくつもあって、少し遠くでは鹿が数頭、こちらの様子をうかがっていました。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:14mm 絞り:F/2.8 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:6400

かなり暗くなってきてからの撮影でしたが、開放値F2の明るいレンズなので、AFでしっかりピントをとらえてくれました。


この場所は、後日、昼間の光でも撮影したくなり、再撮しに向かいました。

今度は、合えての後追い撮影です。

思ったとおり、列車の後ろ姿は寒さで凍っていました。

こういう姿を見れると、「北海道にいるんだなあ」と改めて思います。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/13 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:200

このレンズは円形絞りなので、光条がとても美しく出てくれます。かなりの逆光にも関わらず空気感が見事に表現できたのはトキナー・ブルーのおかげです。

車輌についた雪の質感も伝えてくれる描写力です。


翌朝は、早起きをして、大好きなコンビニのベーコンおかかお結びを食べてからの出発。


暗い中、前日に妄想して、決めていた場所に向かいます。

今度は、朝日が登りきらないうちに撮影したくてドキドキするのですが、

影絵のような可愛い情景が撮影できました。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:14mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:2000


今度は場所を変えて、トコトコ走る列車を撮影


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:400

階調表現の優れているレンズなので朝焼けのオレンジからブルーへのつながりがとても綺麗で、美しく表現できます。

また、細部まで精密に描写してくれ、画面の隅に車輌を配置しているにも関わらず、ゆがみも少ないレンズです。


そして、通りがかりに気になっていた草に、お日様が当たっていることを願って東釧路駅の方に戻ると、

山からお日様が顔を出していて、丁度、草に光が当たり、キラキラしていました。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:15mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/1000秒 ISO感度:200



この日は、夕方まで撮影し、最後に釧路に戻ってきたところで雪が降り始めました。

雪が舞う中を進む列車を残したくて

鉄橋から離れた場所で、ストロボを上に向けててらしました。

(運転士さんに向けてストロボを焚くのは禁止です)

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/200秒 ISO感度:6400

⑥F4.5 SS1/200 ISO6400 20mm

夜空に舞う雪が、とっても綺麗に写ってくれました。

伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

AT-X 14-20 F2 PRO DX


AT-X14-20 F2 PRO DXの開放値F2の明るさは暗い中でもピントをしっかりあわせられます。
シャープで輪郭がくっきりでるレンズなので、シルエットもとても綺麗に描写されます。