伊藤宏美の感動表現|オレンジ食堂列車&Happy Christmas

AT-X 14-20 F2 PRO DXを持って、

肥薩オレンジ鉄道の「オレンジ食堂列車」に乗車してきました。

私が乗車したのは、鹿児島県出水駅から熊本県新八代駅までを行く

4便のディナーコース。


お日様が沈む前に出水駅から乗車。「出発進行!!」です。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:800



マークの入った窓も可愛いです。

乗車中に、鹿児島県から熊本県の境を通るところでは案内があり、

「せーの」と思いながら県境を越えるのです。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/400秒 ISO感度:400


車内にはおいしいクッキーなどがセルフサービスで置いてあり、

クッキーを食べたり、車内をきょろきょろしていると、水俣駅に到着。

水俣駅では、金平糖のお土産をいただきました。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:17mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:1250


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:4000

次々と出てくるお料理を美味しく頂いたり、停車駅ごとに楽しんでいると

外はもう日がくれてきます。

佐敷駅では、和紅茶のお土産つきでした。


どうやら、各駅ごとにお土産が出てきて、最後には紙袋にお土産をつめて帰れるのです。

そこの土地のものをいただけて、お土産を持ち帰れて、地元の事をちょっと知る事ができるのです。

他にも、津奈木駅では、フィナンシェ、日奈久温泉駅では、いぐさのコースターのお土産付き。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:4000

このレンズは、ズーム全域でシャープな描写なので、望遠端でも安心して使えます。日の当たり方で変わる窓の外のグリーンも

繊細なグラデーションで再現してくれ、カラーバランスも優れています。ズーム比は控えめですが、スナップには

使いやすい範囲をカバーしてくれているので、車内のテーブルフォトの絵作りがとてもしやすく、車内スナップには重宝します。


デザートの時間になると、デザートとともに、JAZZを演奏しに、お兄さんの登場。

JAZZも素敵なのですが、お兄さんが使っているマイクが、車掌さんのマイクなのが、また素敵。

憧れます。一度は、喋ってみたいです。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/80秒 ISO感度:3200

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/3.2 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:4000

あっという間の贅沢な列車旅も新八代駅で終わり。

豪華な車輌を外からよく眺めて、最後は回送をお見送りしました。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:1000

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:16mm 絞り:F/4 シャッタースピード:1/100秒 ISO感度:1600

今回は、ディナープランでしたが、景色やランチを楽しむために、

明るい昼間にも乗車してみたいなと思いました。


諧調の表現が優れているレンズなので、夜間の少ない光源の中でも濃淡のグラデーションが綺麗です。

シャープでコントラストが強めの描写は暗闇に浮かび上がる輪郭を魅力的に見せてくれます。


別の日になりますが、東京に帰ってから、有楽町のイルミネーションに寄ってきました。

去年はクリスマスツリーがあったように記憶してるのですが、

今年は、交通会館が綺麗だったので、新幹線と1枚。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/4.5 シャッタースピード:1/320秒 ISO感度:3200

そして、浜松町の駅では、AT-X107 DX Fisheyeを使ってサンタクロースバージョンの小便小僧を撮影してきました。

こちらはAT-X107 DX Fisheyeの望遠側で背景には、夜景と新幹線と電車を入れて撮影。

◎使用レンズ:AT-X107 DX Fisheye
焦点距離:17mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:1250

こちらはAT-X107 DX Fisheyeの広角側を使用して、近寄れるだけ小僧に寄って撮影しました。

あまり近寄ると、お水に落ちそうになります。

◎使用レンズ:AT-X107 DX Fisheye
焦点距離:10mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:3200



AT-X107 DX Fisheyeは、ユニークなレンズで、ズームを変えると、広角側では魚眼特有の歪曲を楽しむ事ができ、望遠側では、通常の広角レンズとしても使えます。軽量コンパクトなので、カメラバッグに忍ばせておけば、いざというときに表現の幅を広げてくれるレンズです。


今年も1年ありがとうございました。

望遠レンズだけでなく、広角レンズで鉄道写真を撮る楽しさが伝わるといいなと思って書いてきましたが、

自分自身も、広角レンズで新しい発見をする事もあり、大変勉強にもなりました。

2019年もよろしくお願い致します。


Merry Christmas &Happy New year

伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

AT-X 14-20 F2 PRO DX


このレンズは、偽色が生じにくいのでイルミネーションもクリアーに美しく再現する事ができる。
色彩のバランスも良いので、夜景を撮るのに心強い味方です。