伊藤宏美の感動表現|小湊鉄道の秋

秋の小湊鉄道に出かけてきました。

この日は、なんとなく行きたくなって出かけたので、「目的地は、線路を見ながら決めようかな」と考えていて

決めていたのは、五井駅で美味しいお弁当を買う事だけでした。


朝から、のそのそ出かけて、線路沿いをたどっていると、朝の斜めの日差しに照らされたススキが目にとまりました。

雲が出て、お日様は隠れたり、出たりするので、そのたびに、何回か楽しみましたが、朝の光はやっぱり綺麗。

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:14mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/1250秒 ISO感度:160(トリミング有り)

コーティングの性能が良いので、画面に太陽を入れてもフレアやゴーストが気にならない。

もちろん、列車のシャープネスや解像感も優れていてとても綺麗です。


そんな事をしていると、つい時間がたってしまい、お弁当が売り切れないか心配になります。

五井駅の改札内にあるお弁当屋さんは美味しくて、すぐなくなってしまうので、五井駅へ。


私のお気に入りは、マグロのかまのほぐし身が乗っている「かまとろ丼」

最後の1つだったので、迷わず、「かまとろ丼」

それと、おかずをちょっと買いすぎましたが、可愛い駅舎でお弁当を食べました。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/60秒 ISO感度:320


小湊鉄道は、可愛い駅舎もたくさんありますが、駅舎の中も可愛い。

飯給駅の中は可愛い列車の絵がたくさん描いてあります。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/125秒 ISO感度:400

(焼き芋は、里見駅で買い足しました)


AT-X 14-20 F2 PRO DXは、ズームレンズの望遠側で近づくと、ピントが欲しい部分はシャープに、背景はふわっとぼかしてくれるので

美味しそうに撮影でき、絵作りしやすいので、テーブルフォトにも使いやすいレンズです。

背景には、駅舎の可愛い絵を背景にいれるように工夫しました。


里見駅では、土日になると、焼き芋やピザなど、美味しそうなものを地元の方が売りに来てくれていて賑わっています。

駅には、干し柿や竹箒などがかかっていて、そんな風景に、少し暖かい気持ちになりました。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:16mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/160秒 ISO感度:1000


この日は、里見駅のイチョウの木が綺麗だったので、トロッコ列車と撮影しました。

こういう場所では、線路に近いところにイチョウの木があるので、広角レンズが嬉しくなります。

そして、めいいっぱい広角側を使用しても、画面の端まで歪みが少ないので安心して使える

お気に入りのレンズです。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:14mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:800

上総大久保のイチョウの木はもう終わりかけていましたが、

イチョウの木に光りがあたり、まだまだ綺麗でした。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:19mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/800秒 ISO感度:800


帰りは上総鶴舞駅に寄りました。


◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:20mm 絞り:F/8 シャッタースピード:1/250秒 ISO感度:1600


夕方は曇ってしまいましたが、列車はもくもくの雲の中、車体をキラキラさせながら走っていきました。

​​​​​​​

◎使用レンズ:AT-X 14-20 F2 PRO DX
焦点距離:14mm 絞り:F/6.3 シャッタースピード:1/500秒 ISO感度:1600


抜群の解像力は、車体の写りこみもクッキリと際立たせる事ができました。

また、諧調描写も優れているので、夕暮れの空のグラデーションも美しく表現できました。

伊藤宏美(いとうひろみ)

伊藤宏美(いとうひろみ)

プロフィール 東京都出身。旅行会社の撮影ツアーの写真講師。その場所に行ってみたくなるような鉄道写真を撮るために全国をめぐる。各地の名物、駅弁を食べて撮るのも楽しみな食いしん坊。日本写真講師協会(JPIO)認定フォトインストラクター

AT-X 14-20 F2 PRO DX


圧倒的 描写力は質感を見事に表現してくれるので、テーブルフォトにも向いている。
広角側で「風景と鉄道」も望遠側でのスナップショットにも力を発揮してくれるレンズです。